アーキー・アルダートン

アーキー・アルダートンは有名な箒設計士で、Arkie Alderton’s Kwik-Repair Shop1の店主。

1997年9月2日、マグル生まれ登録委員会に出頭していたある魔法使いが、自分はアーキー・アルダートンの息子だと主張していた。しかしドローレス・アンブリッジの命により、その男は吸魂鬼に連行された。

邦訳
アーキー・アルダートン
原書(英語)
Arkie Alderton
人間
性別
男性

言及箇所

  • 『ハリー・ポッターと死の秘宝』