カロー家

カローは魔法界の姓の一つ。「聖28一族」の一つに挙げられていることから、1930年代まではほとんどの人々が純血だとされる。カロー家の人物のうち、少なくとも2人が死喰い人として知られている。

カロー家の人物

物語中で明らかになったカロー家の人物は以下の2人。

アミカス・カロー
死喰い人。アレクトの兄弟(邦訳では兄)。1997年9月から1998年にかけて、ホグワーツで闇の魔術に対する防衛術(ネビル・ロングボトム曰く、「闇の魔術そのもの」)を教えた。
アレクト・カロー
死喰い人。アミカスの姉妹(邦訳では妹)。1997年9月から1998年にかけてホグワーツでマグル学を担当した。

言及箇所

  • ポッターモア
    • J.K.ローリングからの新着コンテンツ「純血」