『ダンブルドア軍団:元団員たちの知られざる闇』

この項目には、ポッターモアで公開された情報が含まれています

『ダンブルドア軍団:元団員たちの知られざる闇』(または『ダンブルドア軍団:復員兵たちの闇の世界』は、『日刊予言者新聞』のゴシップコラムニスト、リーター・スキーターの著書の一つ。2014年7月8日付の同新聞のゴシップ欄によれば、ダンブルドア軍団のメンバーが「どれだけ欠点だらけか」に注目した書籍であるという。

ハリー・ポッターの34歳の誕生日である2014年7月31日に、ダイアゴン横丁のフローリッシュ・アンド・ブロッツ書店で発売された。価格は10ガリオン(ポッターモア)。

表記
邦訳
  • 『ダンブルドア軍団:元団員たちの知られざる闇』
  • 『ダンブルドア軍団:復員兵たちの闇の世界』
原書 Dumbledore’s Army: The Dark Side of the Demob
書籍情報
著者 リータ・スキーター
出版年月日 2014年7月31日
価格 10ガリオン(ポッターモア)
内容 ダンブルドア軍団の汚点の暴露
外見
  • 黒い表紙
  • ハリー・ポッターとジニー・ウィーズリーと思しき人物が向かい合い、ハリーがカメラに向かって手のひらを向けている写真が表紙に載せられている

登場箇所

  • ポッターモア
    • J.K. ローリングからの新着コンテンツ「日刊予言者新聞」(2014年7月8日付ゴシップ欄)
    • ダイアゴン横丁、フローリッシュ・アンド・ブロッツ書店