ナメクジ

ホラス・スラグホーン

この項目には、ポッターモアで公開された情報が含まれます

誰?――ハリー、ホグワーツ6年目の魔法薬学の教授

  • フルネームはホラス・E・F・スラグホーン
  • スラグホーン家は「聖28一族」の一つ。ホラスも純血と考えられる。
  • 1930年代後半から40年代にかけ、若かりし頃のヴォルデモート卿も教えていた。
  • ヴォルデモート卿に分霊箱について詳しく教えた張本人。
  • 自分のお気に入りの生徒ばかりを集めた「スラグ・クラブ」を率いる。リリー・エバンズもその一人。
  • 特技は閉心術、魔法薬の調合、変身術。好物は高級ワインとお菓子。1
  • 自らは差別していないと言い張るが、マグル生まれが優秀だと異様に驚くことが差別だと、自身では気づいていない。
  • 一度は引退したものの、1996年に再び魔法薬学の教授に。
  • ホグワーツの戦いでは、かつての教え子ヴォルデモート卿とも戦った。

基本情報まとめ

来歴

誕生
1882年~1921年ころ 4月28日
家系
純血
別名・渾名
  • スラッギーじいさん(Old Sluggy)
肩書き
  • スリザリン寮監
出身校
ホグワーツ魔法魔術学校
出身寮
スリザリン
グループなど
  • スラグ・クラブ

表記

邦訳
ホラス・E・F・スラグホーン
原書(英語)
Horace E. F. Slughorn

外見

人間
性別
男性
  • つるつる頭(1996年夏時点)
  • 豊かな麦藁色の髪(1930~40年代時点)
淡いスグリ色
その他
  • 銀色のセイウチ髭(1996年夏時点)
  • 赤毛混じりのブロンドの髭(1930~40年代時点)
  • アルバス・ダンブルドアの顎にも届かないほどの背丈

魔法の特徴

スギとドラゴンの心臓の琴線、10と1/4インチ、かなり柔軟(”fairly flexible”)

来歴


Pottermore公式Twitterアカウントで、クリスマスまでのカウントダウンをしていた際に公開されたツイート。

ハリーがホグワーツ6年生の時、スラグホーンが開いたクリスマス・パーティーの様子。画面中央の背の低い魔法使いがスラグホーン。


ここからは書きかけです。中の人は項目数を増やすのに必死なので、生暖かい目で見守っていて下さい。

登場箇所