ルーナ・ラブグッド

この項目には、ポッターモアで公開された情報が含まれます

ルーナ・ラブグッドはレイブンクロー生で、ダンブルドア軍団の中でも特に活動的だったメンバーの一人。父は『ザ・クィブラー』の編集長ゼノフィリウス・ラブグッド。母は実験好きな魔女パンドラハリー・ポッターとジニー・ウィーズリーの娘リリー・ルーナの名はルーナにちなむ。

2014年には夫のロルフやダンブルドア軍団の元メンバーと共に、アルゼンチンで開かれたクィディッチ・ワールドカップを観戦しにパタゴニア砂漠を訪れている。

基本情報

誕生
1980年9月~1981年8月
家系
純血または混血
婚姻状況
ロルフ・スキャマンダーと2014年までに結婚。
別名・渾名
  • ルーニー・ラブグッド(”Loony”は狂っているという意味)
肩書き
  • クィディッチ解説者(1996年)
出身校
ホグワーツ魔法魔術学校(1992年入学)
出身寮
レイブンクロー
グループなど
  • ダンブルドア軍団
職業
魔法動物学者

 

邦訳
ルーナ・ラブグッド
原書(英語)
Luna Lovegood
人間
性別
女性
濁り色のブロンド
  • 入学時に購入した杖(材質不明)
  • 1998年にオリバンダー氏が作った杖
守護霊
野ウサギ
両親
父:ゼノフィリウス・ラブグッド 母:パンドラ・ラブグッド
ロルフ・スキャマンダー
子供
  • ローカン(双子の兄弟)
  • ライサンダー(双子の兄弟)
義理の祖父母
俳優
イヴァナ・リンチ
登場
  • 『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』
  • 『ハリー・ポッターと謎のプリンス』
  • 『ハリー・ポッターと死の秘宝 Part1』
  • 『ハリー・ポッターと死の秘宝 Part2』

来歴

幼少期

1980年9月~1981年8月ころ
ゼノフィリウス・ラブグッドパンドラ・ラブグッドの娘として誕生。
1989年9月~1990年8月ころ
ルーナ9歳のころ、母パンドラが実験中の事故で亡くなる。
1992年夏
ホグワーツ魔法魔術学校から入学許可証が届く。

1980年9月~1981年8月ころ、雑誌『ザ・クィブラー』の編集長ゼノフィリウス・ラブグッドと実験好きの魔女パンドラの娘として生まれる。

ルーナ9歳のころ(1989年9月~1990年8月)、実験好きだった母パンドラが呪文の実験中の事故で亡くなった。母の死を目撃したことでルーナはセストラルが見えるようになる。

1992年夏、ルーナはホグワーツの入学許可証を受け取る。おそらくダイアゴン横丁で学用品を揃え、その際にはオリバンダーの店で最初の杖を購入したと思われる。

学生時代

この章は書きかけです。中の人は項目数を増やすのに必死なので、生暖かい目で見守っていて下さい

ホグワーツの戦い後

この章は書きかけです。中の人は項目数を増やすのに必死なので、生暖かい目で見守っていて下さい