マージョリー・ダーズリー

この項目には、ポッターモアでの最新情報が含まれます。

マージョリー・アイリーン1・ダーズリー(愛称:マージ)はバーノン・ダーズリーの姉で、ダドリー・ダーズリーの伯母、ペチュニア・ダーズリーの義姉にあたる。ブルドッグのブリーダーで、リッパーという犬が一番のお気に入り。外見は弟のバーノンそっくり。
1993年、マージはプリベット通り4番地のバーノンの家を訪れ、1週間滞在した。滞在最後の日、両親を侮辱され腹を立てたハリー・ポッターによって体を膨らまされてしまう。この事件の記憶は魔法省によって修正された。以後、ハリーとマージが二度と会うことはなかったという。

表記
邦訳 マージョリー・アイリーン・ダーズリー
原書 Marjorie Eileen Dursley
来歴
出生 1940~1950年代か
家系 マグル
別名
  • マージ (Marge)
外見
人間
性別 女性
家族
バーノン・ダーズリー
義妹 ペチュニア・エバンズ
ダドリー・ダーズリー
所属
職業 ブルドッグのブリーダー

来歴

おそらく1940年代または1950年代に、マージ・ダーズリーはイギリスのマグルの家庭ダーズリー家に生まれた。マージはバーノンの姉である。
やがてマージは大きな庭のある田舎の家で、ブルドッグのブリーダーをして暮らし始めた。裕福な様子で、甥のダドリーに高価なプレゼントを贈ったり、バケーションに出かけたりしている。12匹のブルドッグと暮らしており、忙しくてあまり料理はしないらしい。
マージは自分の留守中にブルドッグの世話をしてくれる隣人の退役軍人、ファブスター大佐に密かに恋していたが、マージの性格を知るファブスターは絶対に結婚をする気はなかったという。
1985年6月、マージは甥のダドリーの5歳の誕生日パーティーにプリベット通りを訪れていた。ダドリーハリーが「動いたら負け」のゲームをした際には、マージはハリーの足を杖で叩き、絶対にダドリーを勝たせるようにしていた。
またある年のクリスマスには、甥のダドリーにコンピューターで動くロボットを、ハリーには犬用ビスケットの缶をプレゼントした。
マージはダドリーの10歳の誕生日パーティーにも訪れている。この時、ハリーはマージの犬、リッパーの足を踏んづけてしまい、リッパーに追いかけられたハリーは庭の木の上へと逃げた。マージは真夜中を過ぎてもリッパーを呼び戻そうとせず、ダーズリー一家は散々笑い話にした。
1991年6月、マージは休暇でワイト島へと旅行しており、ダドリーの11歳の誕生日にプリベット通りを訪れることはなかったが、プレゼントは贈っている。ワイト島で腐った貝に当たってしまったことを書いた手紙をダーズリー家に送っている。

ハリー・ポッターの事故

1993年夏、マージはプリベット通りのダーズリー家に1週間滞在したハリーが「まともでない」ことをマージは知らず、代わりに「セント・ブルータス更生不能非行少年院」に通っていると聞かされていた。この滞在の間ずっとマージはハリーに何かと難癖をつけた。
滞在最後の夜、マージがハリー父親を侮辱する。するとハリーは魔力の制御が効かなくなり、マージを魔法で風船のように膨らませてしまった。この事故は魔法省の『魔法事故リセット部隊』が処理、マージは元通りにされ、記憶は修正された。
それからと言うもの、ハリーがプリベット通りを離れるまでダーズリー一家はマージを家には呼ばず、マージはハリーと二度と会うことはなかった。

外見

マージは弟のバーノンによく似ているという。巨大で肉付きが良い体型に赤ら顔をしていて、バーノンほどたっぷりではないが口髭まで蓄えている。

登場・言及箇所

  • ハリー・ポッターと賢者の石
  • ハリー・ポッターとアズカバンの囚人
  • ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団
  • ポッターモア
    • J.K.ローリングからの新着コンテンツ「マージ・ダーズリー」
  1. ポッターモア J.K.ローリングの新着コンテンツ「マージ・ダーズリー」