ミリセント・ブルストロード

ミリセント・ブルストロードはハリー・ポッターの同級生でスリザリン生。ハリーよりもずっと図体がでかく、5年生の時には尋問官親衛隊のメンバーだった。

表記
邦訳 ミリセント・ブルストロード
原書 Millicent Bulstrode
来歴
出生 1979年9月~1980年8月 グレートブリテンまたはアイルランド1
家系 純血または混血
外見
人間
性別 女性
家族
親戚の可能性
  • ヴァイオレッタ・ブルストロード
所属
出身校
  • ホグワーツ魔法魔術学校
    • スリザリン寮
所属グループ
  • 尋問官親衛隊

来歴

幼少期

ミリセント・ブルストロードは1979年9月~1980年8月にグレートブリテンまたはアイルランドで生まれる。なお、ヴァイオレッタ・ブルストロードという人物がブラック家に嫁いでため、少なくとも一人は魔法族の祖先がおり、純血または混血と考えられる。

学生時代

ミリセント・ブルストロードは1991年ホグワーツ魔法魔術学校へ入学し、スリザリン寮に組分けされる。ハリー・ポッターはミリセント・ブルストロードがスリザリンに組分けされた際、「この寮の連中は感じが悪い」と思っていた。

スリザリンの同級生にはパンジー・パーキンソン、ダフネ・グリーングラス、ドラコ・マルフォイ、ビンセント・クラッブ、グレゴリー・ゴイル、ブレーズ・ザビニがいる。

1992年、2年生となったミリセントはこの年の闇の魔術に対する防衛術教授、ギルデロイ・ロックハート率いる決闘クラブに参加する。ミリセントは武器を取り上げるだけというルールを破り、決闘の相手だったハーマイオニー・グレンジャーにヘッドロックをかけている。ハーマイオニーの友人ハリー・ポッターが助けに駆けつけ、二人は引き離された。

この時までに、ミリセントは猫をペットにしていた。ハーマイオニーがミリセントの髪の毛だと思って手にしたものは実はペットの猫の毛だったが、ハーマイオニーはそうとは気づかずポリジュース薬に入れてしまう。ポリジュース薬はヒトの変身への利用に限られるため、ハーマイオニーは変身が解けず医務室行きとなった。

1996年、5年生のミリセント・ブルストロードはドローレス・アンブリッジが立ち上げた尋問官親衛隊に入った。6月、ハリー・ポッターがアンブリッジの部屋の暖炉を使ってシリウス・ブラックと連絡を取ろうとした際、ハリーを手助けしたハーマイオニー・グレンジャーを捕まえ、アンブリッジの部屋へと入ってきた。アンブリッジとハリー、ハーマイオニーの3人が禁じられた森へ向かった後、残ったダンブルドア軍団のメンバー、ジニー・ウィーズリー、ロン・ウィーズリー、ネビル・ロングボトム、ルーナ・ラブグッドの呪いを受けた。

1997年9月からはヴォルデモート卿の傀儡政権下でセブルス・スネイプがホグワーツ魔法魔術学校の校長に就任し、学齢期の子どもは学校への入学が義務付けられた。ミリセントは純血または混血と考えられるため、ホグワーツの7年生としてホグワーツに戻ったと考えられる。1998年5月1日午後11時半ころ、ヴォルデモート卿と死喰い人の攻撃に備え、スリザリン生は全員がアーガス・フィルチの誘導でホグワーツ城の外へ避難した。

外見

ミリセント・ブルストロードの外見についてはあまり描写がないが、ハリーよりもずっと図体が大きいという。

持ち物

ミリセントのペット。この猫の毛が、決闘クラブでハーマイオニーと決闘をした際にハーマイオニーのローブに残っていた。
  1. World Exclusive Interview with J K Rowling(ホグワーツ魔法魔術学校はグレートブリテンまたはアイルランドからの生徒を受け入れている。)