ノット家

ノットは魔法界の姓で「聖28一族」の一つ。マルフォイ家とも親交があり、旧家で純血主義の一家であるらしい。
ホグワーツ魔法魔術学校では伝統的にスリザリンに組分けされている様子。ノット氏は初期の頃からの死喰い人として知られ、一家は1度目と2度目の魔法使いたちの戦いではヴォルデモート側についている。

ノット家の人物

シリーズで明らかになったノット家の人物は以下の4人。

カンタンケラス・ノット
1930年代に匿名で出版された書籍『純血一族一覧』の著者とされる人物。
ノット氏
初期の頃からの死喰い人。ヴォルデモートとは学生時代からの付き合いかつスラグ・クラブのメンバーだった可能性がある。
ノット夫人
ノット氏の妻。息子セオドールが子供のころに亡くなっている。
セオドール・ノット
上記2人の間の息子。ハリー・ポッタードラコ・マルフォイたちの同期でスリザリン生。

言及箇所

  • ポッターモア
    • J.K.ローリングからの新着コンテンツ「純血」