思い出し玉

思い出し玉は、中に白い煙が詰まったような、大きなビー玉くらいのガラス玉。ガラス玉を握った際に、何か忘れていることがあると中の煙が赤くなり、持ち主が何かを忘れていることを「思い出させ」てくれる道具。

表記
邦訳 思い出し玉
原書 Remembrall

思い出し玉の例

1991年9月、ホグワーツの新学期が始まってから2週間と経たない木曜日の朝、ネビル・ロングボトムのもとに祖母オーガスタからふくろう便で思い出し玉が送られてきた。ネビルが思い出し玉についてハリーに説明しながら握ると、中の煙はたちまち赤くなったので、ネビルは何を忘れたのか思い出そうとした。

同じ日の午後、グリフィンドールとスリザリン合同の飛行術の授業の際に、ネビル・ロングボトムは箒から落ちてしまい手首を折ってしまう。医務室に連れて行かれたネビルが思い出し玉を落としていったのを見つけ、ドラコ・マルフォイがそれを取り上げた。地面で待っているようにとの指示を無視し、マルフォイは思い出し玉を持って箒に乗り、ハリー・ポッターも箒に乗ってそれを追いかけた。マルフォイは思い出し玉を空中に投げると、ハリーは16メートルもの高さから落ちていく思い出し玉を追いかけ、地面スレスレでキャッチした。一部始終を見ていたマクゴナガル教授によって、ハリーはクィディッチグリフィンドール代表チームのシーカーに抜擢された。

1995年9月1日、ホグズミード駅へ向かうホグワーツ特急の中でネビルハリーに誕生日に何をもらったと思うか尋ねた。ハリーは4年前のことを思い出し、思い出し玉ではないかと答えたが、実際にはミンビュラス・ミンブルトニアだった。しかし、ネビルは4年前にもらった思い出し玉をとっくに失くしていたので、それも必要かもしれないと語った。

自動解答羽根ペン、取りはずし型カンニング用カフス、自動修正インクといった品と同様、思い出し玉は魔法試験局の定めたルールによって試験への持ち込みが禁止されている。

登場箇所

  • ハリー・ポッターと賢者の石
  • ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団
  • ポッターモア

メモ

名前について

“Remembrall”は、「思い出す」という意味の動詞”remember”と、「玉(球)」という意味の”ball”を合わせた造語。