リッチー・クート

リッチー・クートは1990年代にホグワーツ魔法魔術学校に在学し、グリフィンドール生だった魔法使い。

1996年から1997年にかけて、ハリー・ポッターによってグリフィンドールのクィディッチ代表選手に選ばれ、ジミー・ピークスとともにビーターとしてプレイした。

表記
邦訳 リッチー・クート
原書 Ritchie Coote
来歴
出生 1978年9月~1995年8月 グレートブリテンまたはアイルランド
外見
人間
性別 男性
所属
出身校
  • ホグワーツ魔法魔術学校
    • グリフィンドール寮
所属グループ
  • クィディッチ寮代表チーム
    • ビーター

来歴

1996年、リッチー・クートはグリフィンドールのクィディッチ代表チームの新キャプテン、ハリー・ポッターによってビーターに選ばれる。前年までビーターとしてプレイしていたフレッド・ウィーズリーやジョージ・ウィーズリーほどの冴えはなかったが、ひ弱そうな体格にも関わらずブラッジャーの狙いが的確だった。

シーズン最初のスリザリン戦では、解説者だったザカリアス・スミスに「ビーターの体格ではない」と嫌味を言われたものの、直後にスリザリンのシーカー、ハーパーにブラッジャーを直撃させた。

次のハッフルパフ戦では、味方のキーパー、マクラーゲンが打ったブラッジャーに当たって気絶したハリーをもう一人のビーター、ピークスとともに受け止めた。

登場箇所

  • ハリー・ポッターと謎のプリンス