この項目には、ポッターモアで公開された情報が含まれます

ワガドゥー(Uagadou)はアフリカにある魔法学校で、国際魔法使い連盟に登録された魔法学校111校のうち、最大の学校。特に天文学、錬金術、自己変身術の分野で評判が高い。

歴史

アフリカには他にも数々の魔法学校が存在するが、1000年以上もの長い歴史を持ち、かつ国際的に高い評判を得ているアフリカの魔法学校はワガドゥーのみである。

校舎

ポッターモアで公開された世界の魔法学校の所在地を示した地図によれば、ワガドゥーはアフリカに中央部のどこかに位置する。しかし学校の場所に関しては「月の山々」(”Mountains of the Moon”)としか明らかにされていない。
訪れた人によれば、ワガドゥーの校舎は山肌に彫られた驚くべき壮大な建物で、霧に覆われており、そのため学校は空中に浮いているようにしか見えないこともあるという。

制度

入学許可

ワガドゥーの生徒は、校長から送り込まれた「夢の使者(Dream Messenger)」から入学許可を受け取る。「夢の使者」は子供たちが眠っている間に現れ、何かしらの印を残す。多くの場合、子供たちは眠りから覚めた際に、手の中に言葉が刻まれた石があることに気づくという。

評判

杖はヨーロッパで発明されたもので、アフリカの魔法族が便利な道具として杖を取り入れたのは20世紀になってからであった。普通、アフリカの魔法族は指を差したり、手振りを通して呪文をかける。これは、ワガドゥーの生徒が国際魔法使い機密保持法で起訴された際の確固たる弁明の手段(「私は手を振っただけで、彼の頬を落とすつもりはなかった」)となっている。
また、最近の国際動物もどき(アニメーガス)シンポジウムで、ワガドゥー校のチームは全員の息が合った自己変身術を披露したが、これが暴動にも近い騒ぎを引き起こし、紙面を騒がせた。より経験も積んだ大人の魔法使いたちが、ゾウやチーターに変身した14歳の生徒たちに脅威を感じ、エイドリアン・タトリー(Adrian Tutley)に至っては国際魔法使い連盟に正式な抗議を申し立てたのだった。

卒業生

ババジデ・アキンバデ(Babajide Akingbade)
国際魔法使い連盟の最高大魔法使い2アルバス・ダンブルドアの次代。

言及箇所

 

  1. Pottermore – Wizarding Schools
  2. 邦訳は「最上級独立魔法使い(1巻第4章)」「上級大魔法使い(5巻第15章)」「最高大魔法使い(5巻第31章)」とゆれているが、すべて原書では”Supreme Mugwump”である。