バーノン・ダーズリー

ハリーのおじ。ただしハリーと血のつながりはない。マグル。魔法を非常に恐れている。穴あけドリルを作っているグラニングズ社の社長。

データまとめ

名前
バーノン・ダーズリー(Vernon Dursley
人間(マグル)
性別
男性
家族
  • マージ・ダーズリー(姉)
  • ペチュニア・ダーズリー(妻)
  • ダドリー・ダーズリー(息子)
  • ハリー・ポッター(甥)
住所
サレー州 リトル・ウィンジング プリベット通り4番地
出身校
私立スメルティングズ校
職場
グラニングズ社(1981年には社長)
登場
  • 1.賢者の石
  • 2.秘密の部屋
  • 3.アズカバンの囚人
  • 4.炎のゴブレット
  • 5.不死鳥の騎士団
  • 6.謎のプリンス
  • 7.死の秘宝
映画での登場(リチャード・グリフィスが演じた)
  • 1.賢者の石
  • 2.秘密の部屋」
  • 3.アズカバンの囚人
  • 5.不死鳥の騎士団
  • 7.死の秘宝 Part 1

来歴

子ども時代

姉にマージ・ダーズリーがいる。私立スメルティングズ校を卒業する。

結婚

将来の妻となるペチュニア・エバンズとは職場で出会った。

事務職のペチュニアと出会ったころ、バーノンはすでにずんぐりした体型で首がほとんどなく、頑固でお金がすべてという中間管理職だった。こうした部分はすべてペチュニアには男らしさの見本のように映っていた。

やがてバーノンはそんなペチュニアの好意に応え、デートを重ねるようになった。定番の車に乗り、自分のことや世の中についてのありきたりな考えを語り、とにかく「普通」のことが好きで、バーノンはペチュニアにとってうれしくなるほど「まとも」な人物だった。

バーノンは自分の母親の部屋でペチュニアにプロポーズした。片ひざをついたお決まりのスタイルのプロポーズをペチュニアは一も二もなく受け入れた。ところがこのとき、バーノンはまだペチュニアの妹、リリーが魔女であることを知らなかった。

バーノンがリリーについて知ったのは、ペチュニアとのデート中だった。暗い車の中で、映画の後軽食を買ったファーストフード店を窓の外に眺めながら、ペチュニアは妹についてバーノンに打ち明けた。バーノンはペチュニアの予想通りショックを受けたが、「変人の姉妹がいるからといって、決して君のことを悪く思ったりしない」ときっぱり言った。ペチュニアがうれしさのあまりバーノンに抱きついたので、バーノンはソーセージのフライを落としてしまった。

婚約したバーノンとペチュニアは、リリーとその恋人、ジェームズ・ポッターと会い、夕食をともにした。バーノンはジェームズをバカにしようと、「どんな車に乗っているのか」「魔法使いは失業手当で生活しているんだろうな」などと言った。ジェームズはバーノンを「おもしろい男」と感じ、レース用の箒の説明や両親がグリンゴッツに積み立てた純金のことを語った。バーノンは結局自分がバカにされているのかわからず腹を立て、ペチュニアとふたりでレストランを飛び出してしまった。これ以来、リリーとジェームズとの関係は最悪のものとなった。

バーノンとペチュニアの結婚式にはリリーもジェームズも出席した。しかしバーノンはジェームズと話そうとせず、ジェームズに聞こえるところでジェームズのことを「素人奇術師のようなもの」と人に紹介した。結局、バーノンとペチュニアはリリーとジェームズの結婚式には出席せず、その後二人に直接会うことはなかった。

ダドリーの誕生

1980年夏(おそらく6月)、ダドリーが生まれた。以来バーノンとペチュニアはダドリーを溺愛し甘やかして育てる。

まもなく義理の妹夫婦、リリーとジェームズにも息子ハリーが生まれ、その知らせがバーノンとペチュニアのもとにも届いた。ペチュニアはこれを軽蔑するような目でチラリと見ただけで捨ててしまい、結局この手紙はリリーとジェームズからの最後の便りになった。

リリーとジェームズの死

1981年11月1日、バーノンはたくさんの「まともでない」ものを目撃する。

家を出て間もなく、プリベット通りの地図を読むトラ猫(変身したミネルバ・マクゴナガル)を見かけ、街中では魔法族の格好をしたままの魔法使い・魔女たちを目にする。お昼にパン屋で買い物をした帰り道には、「マント集団」が「ポッター」、「ハリー」という言葉を口にしているのを耳にする。

「旦那、すみませんなんてとんでもない。今日は何があったって気にしませんよ。万歳!『例のあの人』がとうとういなくなったんですよ! あなたのようなマグルも、こんな幸せなめでたい日はお祝いすべきです!」

『ハリー・ポッターと賢者の石』第1章

職場からの帰り際には、外に出たとたんにスミレ色のマントを着た老人と正面衝突する。バーノンは老人に謝ったが、老人は「すみませんなんてとんでもない」と言い、バーノンのおへそのあたりを抱きしめて去って行った。

妻には何も言うまいと決心して帰宅したバーノンだったが、昼間にふくろうが飛んでいたこと、イギリス中で流れ星が降っていたことをニュースで知り、ペチュニアにリリーやジェームズから便りがなかったかを尋ねた。ペチュニアはとげとげしい返事をするばかりだった。寝室の窓からは朝と同じトラ猫がいるのを目にし、バーノンはなかなか寝つけなかった。

翌朝、バーノンとペチュニアは玄関前で毛布にくるまれたハリーを見つけ、ものすごい衝撃を受けた。添えられていたダンブルドアからの手紙にはリリーとジェームズがどのように殺されたか、そしてハリーを引き取るようにと書かれていた。

バーノンとペチュニアはハリーをしぶしぶ引き取り育てることにした。自分たちの息子ダドリーは甘やかす一方、ハリーにはつらく当たった。 バーノンのハリーに対する嫌悪感のいくらかはハリーがジェームズによく似ていることからきている。

二人はハリーには両親は交通事故で死んだものと嘘をついていた。二人にとってヴォルデモート卿のような闇の魔法使いは想像を絶するほど恐ろしく、交通事故で死んだと繰り返すことで、それが真実だと思い込もうとしていた。また、二人はどうにかしてハリーの魔力を消し去ることができると思い込んでいた。

この項目は書きかけです。中の人は項目を増やすのに必死なので、生暖かい目で見守っていて下さい。

登場・言及箇所

  • ハリー・ポッターと賢者の石
  • ハリー・ポッターと秘密の部屋
  • ハリー・ポッターとアズカバンの囚人
  • ハリー・ポッターと炎のゴブレット
  • ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団
  • ハリー・ポッターと謎のプリンス
  • ハリー・ポッターと死の秘宝
  • ポッターモア
  • (リニューアル前)J.K. ローリング公式サイト