グレンジャー ハーマイオニー

ハリー・ポッターとロン・ウィーズリーの親友。両親はマグルの歯科医。ホグワーツの戦い後はホグワーツに復学しN.E.W.T.試験を受ける。卒業後魔法省へ。2014年までに魔法法執行部副部長に昇進。ロンと結婚し娘ローズと息子ヒューゴが生まれた。

守護霊の呪文

最も有名な防衛の呪文。呪文はエクスペクト・パトローナム(守護霊よ来たれ)。吸魂鬼やレシフォールドに対する唯一の防衛手段として知られている。非常に高度でほとんどの魔法使い・魔女は守護霊を創り出すことができないため、この呪文を使えることは優れた魔法能力の証でもある。

ダンブルドア アルバス

アルバス・ダンブルドアは変身術の教授で、後にホグワーツ魔法魔術学校の校長となった魔法使い。またヴォルデモートが唯一恐れた人物として知られる。ドラゴンの血液の12種類の利用法の発見、1945年にゲラート・グリンデルバルドを破ったこと、ニコラス・フラメルとの賢者の石の作成で名高い。

ハグリッド ルビウス

ホグワーツの森番兼魔法生物飼育学教授の魔法使い。人間のハグリッド氏と女巨人フリドウルファとの間に生まれた半巨人。異父弟に巨人のグロウプがいる。2度目の魔法使いたちの戦いを生き延び、ホグワーツの敷地内にある小屋で暮らしている。2017年9月、88歳のハグリッドはハリー・ポッターの息子アルバス・ポッターを夕食に招いている。

ポッター ハリー

混血の魔法使いで、ジェームズ・ポッターとリリー・エバンズの一人息子。史上最も危険な闇の魔法使い、ヴォルデモート卿の死の呪いをわずか1歳の時に逃れ、「生き残った男の子」として有名になる。1998年5月2日、ホグワーツの戦いで長年イギリス魔法界で恐れられたヴォルデモート卿の息の根を止めた。その後は闇祓いとして活躍し、ホグワーツの闇の魔術に対する防衛術の臨時講師も務める。
1件のコメント

レシフォールド

リビング・シュラウド(生ける経帷子)とも呼ばれる希少な魔法動物。熱帯地方に生息し、獲物を窒息させたのち消化する。自らの痕跡も獲物の痕跡も残さないため、正確な犠牲者数は把握できていない。撃退方法は今のところ「守護霊の呪文」しか知られていない。