合言葉

ホグワーツの校長室やグリフィンドール寮など、ホグワーツ城の決まった区域に入る際に述べなければならない言葉のこと。 アルバス・ダンブルドアは、校長室の合言葉に好きなお菓子の名前を用いていた。「太った婦人」の代わりに臨時でグリフィンドール寮の入口を守ったカドガン卿は、難解な合言葉を次々にひねり出し、グリフィンドール生たちから不評を買った。

アボット ハンナ

ハッフルパフ寮出身の魔女で、ハリー・ポッターの同級生の一人。ホグワーツ卒業後は先代のトムに代わってパブ「漏れ鍋」の店主となり、同級生の一人でグリフィンドール生のネビル・ロングボトムと結婚する。2014年には癒者としての勉強をし直した上でホグワーツの校医の職に応募したことが報じられた。
イタチ

ウィーズリー家

ウィーズリー家はイギリス魔法界の旧家の一つ。「聖28一族」の一つとして挙げられていることから1930年代までは純血であったとされる(ウィーズリー家自身はマグルの祖先がいると主張した)。最も若い世代のウィーズリー家の人物に...

ウィーズリー パーシー

アーサー・ウィーズリーとモリー・プルウェットの第三子で三男。兄にビルとチャーリー、弟に双子のフレッドとジョージ、ロン、末の妹にジニーがいる。ホグワーツ在学中は監督生で首席だった。ホグワーツ卒業後は魔法省に入省した。2014年までに魔法運輸部の部長に昇進、オードリーという名の女性と結婚し、二人の娘、モリーとルーシーをもうけている。

ウィーズリー ロナルド

グリフィンドール寮出身の魔法使い。家族や友人からはロンと呼ばれる。アーサーとモリー・ウィーズリー夫妻の六男。ビル、チャーリー、パーシー、フレッド、ジョージの弟でジニーの兄。ハリー・ポッターとはホグワーツ特急の中で知り合い、親友となった。
ブルガリア国旗

オブランスク(オバロンスク)

1994年当時のブルガリアの魔法大臣。1994年のクィディッチ・ワールドカップの決勝戦、アイルランド対ブルガリア戦を貴賓席で観戦した。ファッジは名前がよくわかっておらず、「オブランスク」「オバロンスク」と呼んでいた。

クィグリー

クィディッチアイルランド代表チームでプレイしたビーター。1994年のクィディッチワールドカップに出場した。決勝戦ではビクトール・クラムの顔にブラッジャーを命中させ、クラムの鼻を折った。

クラウチ家

「聖28一族」の一つとして知られる。ブラック家、ヤックスリー家、ロングボトム家、ウィーズリー家などの一族と姻戚関係にある。アルバス・ダンブルドアによれば、クラウチ家はイギリス魔法界の中でも最も古い名家だったという。1995年、クラウチ家最後の男子バーテミウス・クラウチ・ジュニアが吸魂鬼のキスを受け、その後彼の死によってクラウチ家は断絶したとされている。