アバクロンビー ユーアン

1995年9月ホグワーツ入学のグリフィンドール生。小柄で耳が大きく、組分けを待つ間怯えて震えていた。『日刊予言者新聞』のハリーに対するネガティブキャンペーンを信じており、顔を強張らせて恐々ハリーを見た。それを見たハリーの顔からは微笑がミンビュラス・ミンブルトニアの「臭液」のようにゆっくりと落ちていった。

アボット ハンナ

ハッフルパフ寮出身の魔女で、ハリー・ポッターの同級生の一人。ホグワーツ卒業後は先代のトムに代わってパブ「漏れ鍋」の店主となり、同級生の一人でグリフィンドール生のネビル・ロングボトムと結婚する。2014年には癒者としての勉強をし直した上でホグワーツの校医の職に応募したことが報じられた。

ウィーズリー パーシー

アーサー・ウィーズリーとモリー・プルウェットの第三子で三男。兄にビルとチャーリー、弟に双子のフレッドとジョージ、ロン、末の妹にジニーがいる。ホグワーツ在学中は監督生で首席だった。ホグワーツ卒業後は魔法省に入省した。2014年までに魔法運輸部の部長に昇進、オードリーという名の女性と結婚し、二人の娘、モリーとルーシーをもうけている。

ウィーズリー ビクトワール

ビル・ウィーズリーとフラー・デラクールの長女。妹にドミニク、弟にルイがいる。ビクトワールの名はフランス語で「勝利」を意味する。テディ・ルーピンと付き合っている。

ウィーズリー ロナルド

グリフィンドール寮出身の魔法使い。家族や友人からはロンと呼ばれる。アーサーとモリー・ウィーズリー夫妻の六男。ビル、チャーリー、パーシー、フレッド、ジョージの弟でジニーの兄。ハリー・ポッターとはホグワーツ特急の中で知り合い、親友となった。

ウッドクロフトのヘンギスト

中世の魔法使いで、イギリスで唯一の魔法族だけの村、ホグズミード村を作った人物。パブ「三本の箒」はかつてヘンギストの自宅だったといわれる。蛙チョコレートのカードにも載っている。
柳の木

ガージョン デイビィ

リーマス・ルーピンらと同時期にホグワーツ魔法魔術学校に在学していた男子生徒。暴れ柳の幹に触れられるかゲームをし、危うく片目を失いかけた。