アボット ハンナ

ハッフルパフ寮出身の魔女で、ハリー・ポッターの同級生の一人。ホグワーツ卒業後は先代のトムに代わってパブ「漏れ鍋」の店主となり、同級生の一人でグリフィンドール生のネビル・ロングボトムと結婚する。2014年には癒者としての勉強をし直した上でホグワーツの校医の職に応募したことが報じられた。

ウッドクロフトのヘンギスト

中世の魔法使いで、イギリスで唯一の魔法族だけの村、ホグズミード村を作った人物。パブ「三本の箒」はかつてヘンギストの自宅だったといわれる。蛙チョコレートのカードにも載っている。
アナグマ

サマーズ

ダンブルドア校長の引いた「年齢線」を越えて炎のゴブレットに近づこうとしたハッフルパフ生。魔法で長い顎髭が生えてしまい、医務室でマダム・ポンフリーの治療を受けた。
アナグマ

サマービー

セドリック・ディゴリー亡き後、ハッフルパフ寮代表のクィディッチチームでシーカーを務めた魔法使い。くしゃみでここぞというときに目をつぶってしまい、ジニー・ウィーズリーにスニッチを奪われた。

ディゴリー セドリック

ハッフルパフ生で、監督生であると同時にクィディッチ代表チームのキャプテンを務めた。1994年に行われた三大魔法学校対抗試合ではホグワーツの代表選手に選ばれた。フェアプレーを好み、ハンサム。1995年6月24日、第三の課題のクリア直後にピーター・ペティグリューによって殺害された。

トゥルーマン ガブリエル

ポッターモアにおいてハッフルパフ寮の監督生として新入生を迎え、歓迎の言葉を述べた魔法使い。ハッフルパフ寮への入り方、著名な出身人物、寮監ポモーナ・スプラウト教授を新入生に紹介している。