グリフィンドールの剣

1000年前に鍛えられた純銀製の剣。作者は当時小鬼の王であったラグヌック1世。ルビーが嵌めこまれ、鍔のすぐ下にはゴドリック・グリフィンドールの名前が刻まれている。小鬼製で魔力が宿っており、自らを強化する物を吸収するため、バジリスクを殺すのに使われてからはバジリスクの毒を含んでいる。そのためヴォルデモートの分霊箱の破壊に用いられた。

炎のゴブレット

三大魔法学校対抗試合の代表選手の「公正な選者」で、各校から代表選手を選ぶのに用いられる道具。大きな粗削りの木のゴブレットで、代表選手の立候補を受け付ける間は縁から溢れんばかりに青白い炎が踊っている。

レイブンクローの髪飾り

ホグワーツ魔法魔術学校の創設者の一人、ロウェナ・レイブンクローの遺品。長らく所在がわからなかったため、失われた髪飾りとも呼ばれた。レイブンクローの有名な言葉「計り知れぬ英知こそ、われらが最大の宝なり」が彫ってあり、髪飾りをつけた者は知恵が増すと言われている。ヴォルデモートの分霊箱にされていたが、ビンセント・クラッブの「悪霊の火」で破壊された。