アナプニオ(気の道開け)

喉の詰まりを取るため気道を開く呪文。マーカス・ベルビィが雉肉の塊を喉に詰まらせた際、ホラス・スラグホーンがこの呪文を使ってベルビィの喉の詰まりを取った。

永久粘着呪文

物と物とを魔法で接着する呪文。呪文は作中で明らかにされていない。一度この呪文で接着された物は容易に取り外すことができず、作中で取り外しに成功した例はない。

鍵開けの呪文(アロホモラ)

扉や窓の鍵を開ける呪文。呪文はアロホモラ。ただし、呪文除けがかけられているものには効果がない。1600年代の初め、盗っ人の魔法使いエルドン・エルズリックルによってアフリカからイギリスに持ち込まれた。

錯乱の呪文

対象を混乱させる呪文。呪文は「コンファンド」。この呪文で引き起こすことができる「錯乱」の度合いは様々。この呪文にかかっている状態のことは「錯乱させられた」(英語:"Confunded")と呼ぶ。

守護霊の呪文

最も有名な防衛の呪文。呪文はエクスペクト・パトローナム(守護霊よ来たれ)。吸魂鬼やレシフォールドに対する唯一の防衛手段として知られている。非常に高度でほとんどの魔法使い・魔女は守護霊を創り出すことができないため、この呪文を使えることは優れた魔法能力の証でもある。