アボット家

「聖28一族」の一つに挙げられていることから、1930年代まではほとんどの人々が純血だった。魔法族とマグルの混合居住地として知られるゴドリックの谷にアボット家の人物の墓がある。
イタチ

ウィーズリー家

ウィーズリー家はイギリス魔法界の旧家の一つ。「聖28一族」の一つとして挙げられていることから1930年代までは純血であったとされる(ウィーズリー家自身はマグルの祖先がいると主張した)。最も若い世代のウィーズリー家の人物に...

エイブリー家

「聖28一族」の一つに挙げられていることから、1930年代まではほとんどの人々が純血とされる。エイブリー家の人々のうち少なくとも2人はヴォルデモート卿の手下、死喰い人となった。

カロー家

魔法界の姓の一つ。「聖28一族」の一つに挙げられていることから、1930年代まではほとんどの人々が純血だとされる。作中で明らかにされているカロー家の2人、アミカスとアレクトはどちらも死喰い人として知られる。

クラウチ家

「聖28一族」の一つとして知られる。ブラック家、ヤックスリー家、ロングボトム家、ウィーズリー家などの一族と姻戚関係にある。アルバス・ダンブルドアによれば、クラウチ家はイギリス魔法界の中でも最も古い名家だったという。1995年、クラウチ家最後の男子バーテミウス・クラウチ・ジュニアが吸魂鬼のキスを受け、その後彼の死によってクラウチ家は断絶したとされている。
緑の芝

グリーングラス家

「聖28一族」の一つにも挙げられており、2度目の魔法使いたちの戦いまで、グリーングラス家の人々は純血主義を信奉していたと思われる。しかしドラコ・マルフォイと結婚したアストリア・グリーングラスは2度目の魔法使いたちの戦い後に生まれた息子に対して純血主義的な教育を行わなかった。

シャフィク家

「聖28一族」の一つに挙げられていることから、1930年代まではほとんどの人々が純血だった。アラブ系の名前か。

ノット家

「聖28一族」の一つ。マルフォイ家とも親交があり、旧家で純血主義の一家であるらしい。 ホグワーツ魔法魔術学校では伝統的にスリザリンに組分けされている様子。ノット氏は初期の頃からの死喰い人として知られ、一家は1度目と2度目の魔法使いたちの戦いではヴォルデモート側についている。

バーク家

「聖28一族」の一つに挙げられている魔法界の旧家。1930年代まではほとんどの人々が純血だと考えられる。明らかにされているバーク家の人物に、ボージン・アンド・バークスの店主だったカラクタカスがいる。