『ハリー・ポッターと賢者の石』第2章 消えたガラス あらすじとデータ

eagle

第1章の物語から10年近くが経ち、赤ん坊だったハリーも少年に成長していました。しかし、両親を失ってからのハリーは、惨めな暮らしを余儀なくされていました。

あらすじ

執筆中

データ

登場キャラクター

できごと

  • 1991年6月?日(土):ダドリーの誕生日。ダーズリー一家とピアーズ・ポルキス、ハリーが動物園に行きました。ボア・コンストリクターの展示をしていた場所のガラスが消えてしまい、蛇が逃げ出してしまいました。プリベット通りに戻ると、ハリーは物置に閉じ込められました。
  • ハリーの回想:
    • 「ハリーの一番古い記憶」:目の眩むような緑の閃光と、焼け付くような額の痛みが、ハリーの一番古い記憶。ハリーはこれが両親の死んだ自動車事故なんだと思っていました。
    • ハリーの記憶に残る最初の質問」:「どうして傷があるの?」ハリーはペチュニアおばさんにこう聞くと、ペチュニアはハリーの両親が死んだ自動車事故でできた傷だと答え、質問は許さないと言いつけました。
    • ある時」:ペチュニアおばさんがハリーの髪の毛をキッチンバサミで刈り上げたのでほとんど丸坊主になりましたが、翌朝は刈り上げられる前とまったく変わらなくなっていました。このせいでハリーは1週間物置に閉じ込められました。
    • またある時」:ペチュニアおばさんがダドリーのお古のセーターをハリーに無理やり着せようとしましたが、どんどんセーターが縮んでしまいました。
    • 学校の屋根事件」ダドリー軍団から逃げていたハリーが、気づいたら学校の食堂の屋根の煙突の上に腰掛けていました。女校長先生がダーズリー家のたいそうご立腹の手紙を送り、ハリーは物置に閉じ込められました。
    • 一度はペチュニアおばさんとダドリーと一緒に買い物に出たとき」:店の中でスミレ色の三角帽子をかぶった男の人が、ハリーにお辞儀をしました。ペチュニアおばさんは知っている人なのかとハリーを激しく問い詰め、何も買わずに二人を連れて店を飛び出しました。
    • 一度はバスの中で」:緑ずくめのとっぴな格好をしたおばあさんが、ハリーに向かってうれしそうに手を振りました。
    • まちなかで」:ひどく長い紫のマントを着たハゲ頭の男が、ハリーとしっかり握手までしてそのまま一言も言わずに立ち去った。

用語

地名

  • マジョルカ島
  • ブラジル

アイテム

  • ブランデー

組織・団体

なし

生物

  • ナメクジ
  • ゴリラ
  • トカゲ
    • ボア・コンストリクター

そのほか

  • 階段下の物置
  • クリスマス