国際機密保持法を受け、イギリスでは魔法省が設立される。

18世紀

  • クィディッチがオーストラリアに伝わる。
  • アメリカの魔法使い、アブラハム・ピースグッドがクォドポッドを考案する。
  • 18世紀初頭、サラザール・スリザリン自身の著述も引用した研究書数冊が「魔法使いが純血であることを示す指標」に触れている。
  • 18世紀初頭、バーナバス・デベリルが「庭床の杖」を使って恐怖政治を行うが、間もなくロクシアスに敗れる。ロクシアスは杖を「死の杖」と改名。
  • ホグワーツ城に配管設備が導入され、トイレが作られる。「秘密の部屋」の入口が新しくできるトイレの予定地にあったことから、コルビヌス・ゴーントは秘密の部屋の入口を女子トイレに再び隠した。

1703

  • エドガー・ストラウルガーが生まれる(-1798年)。後に「かくれん防止器」を発明する。

1707

  • イギリス魔法省の設立。初代魔法大臣にユーリック・ガンプが就任する(-1718年)。主な功績は魔法法執行部の創設。

1709

  • ワーロック法により、ドラゴンの飼育が非合法化される。

1711

  • 泥に紛れて見つからなかったことをきっかけに、クァッフルが紅く塗られるようになる。間もなく、魔女デイジー・ペニフォールドが「ペニフォールド・クァッフル」を発明、クァッフルは魔法をかけられゆっくり降下するようになる。

1717

  • 「服従の呪文」「磔の呪文」「アバダケダブラ」が「許されざる呪文」に制定、同類であるヒトに対しての使用には厳しい罰則が設けられる。

1718

  • ダモクレス・ロウル、反マグルを掲げて支持を集め、魔法大臣に就任(-1726年)。アズカバンを監獄として使用することを決定する。

1722

  • ディリス・ダーウェントが聖マンゴの癒者として働き始める。
  • ヒッポグリフが何者かを襲い、危険生物処理委員会により有罪になる。

1726

  • 魔法大臣ダモクレス・ロウルが国際魔法使い連盟からの激しい非難を受けて失脚する。
  • 後任にパーセウス・パーキンソンが選ばれる。

1733

  • エルドリッチ・ディゴリーが魔法大臣に就任する。

1741

  • 癒者の魔女ディリス・ダーウェントがホグワーツ魔法魔術学校の校長に就任する(在任:〜1768年)。

1742

  • グローバー・ヒップワースが生まれる(-1805年)。元気爆発薬の発明で知られる。
  • 薬草学の先駆者ボーモント・マージョリバンクスが生まれる(-1845年)。

1747

  • アルバート・ブートが魔法大臣に就任する。

1749

  • 吸血鬼も関わる国際機密保持法の違反が起こり、何らかの再発防止策が取られた。

1750

  • 魔法省に魔法ゲーム・スポーツ部が設立される。
  • 国際魔法使い機密保持法第73条が追加される。
  • 魔法鳥類の専門家、ガリバー・ポークビーが生まれる(-1839年)。

1752

  • イギリスで小鬼の反乱が起こる。対応を誤り、魔法大臣アルバート・ブートが失脚する。
  • 後任のバージル・フラック、小鬼と狼人間が手を組んだためにわずか2ヶ月で辞任する。
  • 闇祓いヘスフェスタス・ゴアが魔法大臣に就任する。

1762

  • クレオスシアンが非合法になる。

1770

  • マクシミリアン・クラウディが魔法大臣に就任する。

1781

  • 魔法大臣マクシミリアン・クラウディ、在任中に謎の死を遂げる。
  • 後任にポーテウス・ナッチボールが就任する。

1782

  • フラビウス・ベルビー(1715年-1791年)がパプア・ニューギニアでレシフォールドに襲われるが、幸い一命を取り留める。
  • 魔法大臣ポーテウス・ナッチボール、マグルの首相ノース卿から国王ジョージ3世の不安定な心を治せないか相談を受ける。ノース卿は「魔法使いの存在を信じている」との噂が広まり、不信任決議で職を追われた。

1789

  • アンクチュオス・オズバート、魔法大臣に就任する。

1790

  • アメリカで魔法族と非魔法族の交流を禁じるラパポート法が制定される。

1792

  • この年の三代魔法学校対抗試合で怪物の「コカトリス」が逃げ出し、校長3人が負傷した。

1793‐1794

  • ボーバトン出身の魔法使い、トレフルピック公ヴァンサンは自らの首に隠蔽呪文をかけ、既に首が切り落とされたふりをして恐怖政治時代をやり過ごした。

1794

  • 昔話の書き換え『毒キノコ物語』で悪名高い魔女、ベアトリクス・ブロクサムが生まれる(~1910)。

1795

  • クリスピン・クロンクが生まれる(-1872年)。度重なる警告にも関わらず、スフィンクスを自宅の裏庭で飼育したことでアズカバンに投獄された人物。

1798

  • アルテミシア・ラフキン(1754年-1825年)が初めての女性魔法大臣に就任する。

1799

  • ウクライナ・アイアンベリー種のドラゴンが黒海沖で小型帆船を連れ去る。以来ウクライナ魔法当局はアイアンベリー種の常時監視を行うように。
  • トロールの研究者ゴンドリン・オリファント、コッツウォルド丘陵でスケッチ中に棍棒で殴られ命を落とした(1720年-)。

19世紀

1800年代初期

  • 最初のシュレイク(全身針に覆われた魚)の群れが創られたのがこの頃だといわれる。

1802

  • ノルウェー・リッジバック種のドラゴンがノルウェー沖で子鯨をさらったとされる(未確認情報)。事実であれば、ドラゴンにしては珍しくノルウェー・リッジバック種は水中の動物を食することに。

1803

  • 糞爆弾の発明者、アルベリック・グラニオンが生まれる。

1809

  • クィディッチ・ワールドカップが西シベリア平原で行われる。選手の1人ニコ・ニナドが平原の端にある森全体に呪いをかけ、ルーマニア対ニュー・スペインの決勝戦中にわざと森にブラッジャーを打ち出した。森の木々は地面から根を抜いて行進、あらゆる物を踏みつぶしながらスタジアムを襲った。

1811

  • 魔法大臣グローガン・スタンプ、「ヒトたる存在」を「魔法社会の法律を理解するに足る知性を持ち、立法に関わる責任の一端を担うことができる生物」と定める。

1814

  • スコットランドのクィディッチ・チーム、バンコリー・バンガーズが最後のプレーをする。

1820

  • エリオット・スメスウィック、クッションの呪文を発明する。

1824

  • ガリバー・ポークビー著『オーグリーが鳴いた時、私はなぜ死ななかったか』、リトル・レッド・ブックスから発行される。

1833

  • 2月12日:『日刊予言者新聞』にクィディッチのゴール用バスケット廃止の記事が掲載される。

1836

  • 魔法使いの芸人ザビエル・ラストリック(1750年‐)、ペンズウィックでタップダンスを披露している最中に突然姿を消す。以来行方不明となる。

1875

  • 「握り呪文」が発明される。クァッフルにも利用されるようになる。

1879

  • ポーツマスの箒職人、エリアス・グリムストーンにより、オークシャフト79の最初の作品が作られる。

1884

  • ボドミン高地のクィディッチの試合で、スニッチが半年間捕まらなかったとの記録が残されている。
  • 6月21日:「打ちのめし作戦ペナルティ」が発効される。

1892

  • チャドリー・キャノンズがリーグ優勝したのはこの年が最後。

1894

  • アップルビー・アローズの矢を放つパフォーマンスが禁止される。

1897

  • 魔法動物学者、ニュート・スキャマンダー誕生。

19世紀末

  • ヒトを好んで食することから、ペルー・バイパーツース種のドラゴンの駆除が始まる。