アンブロシウス・フルーム

アンブロシウス・フルームはホグズミード村にある菓子店、ハニーデュークスの店主。学生時代はホラス・スラグホーンの生徒で、スラグ・クラブの一員だった。

表記
邦訳 アンブロシウス・フルーム
原書 Ambrosius Flume
来歴
出生 1970年以前1
外見
人間
性別 男性
所属
出身校
  • ホグワーツ魔法魔術学校
所属グループ
  • スラグ・クラブ
職業
  • ハニーデュークス店主

来歴

アンブロシウス・フルームはホグワーツ魔法魔術学校の卒業生。在学中に魔法薬学教授ホラス・スラグホーンのお気に入りとなり、スラグ・クラブの一員になる。
スラグホーンがシセロン・ハーキスに紹介してくれたおかげで、アンブロシウスは最初の職に就くことができたという。そのお礼に今でもアンブロシウスはスラグホーンの誕生日にお菓子(おそらく好物の砂糖漬けパイナップル)の箱詰めを送っていた。
アンブロシウスは結婚し、1993年までにハニーデュークスの店主となっていた。1993年のホグズミード行きの週末には、妻に店の奥から「ナメクジゼリー」を持ってくるよう頼まれていた。
1998年5月2日未明、ホグワーツの戦いの中、味方の勢力を補強するためチャーリー・ウィーズリーとホラス・スラグホーンはホグズミードに店や家を構える人々を率いてホグワーツに戻っていた。その中にアンブロシウス・フルームがいた可能性がある。

外見

アンブロシウスの頭は1993年までにピカピカに禿げ上がっていた。さらに「でかい尻」の持ち主とも描写されている。

登場・言及箇所

  • ハリー・ポッターとアズカバンの囚人
  • ハリー・ポッターと謎のプリンス
  • ハリー・ポッターと死の秘宝
  1. スラグホーンは1981年にホグワーツの教職を退いており、それまでにスラグ・クラブの一員となっている。