デイビィ・ガージョン

eagle

1970年代、ホグワーツに在学していた魔法使いです。デイビィは暴れ柳の幹に触れられるかどうかゲームをして、危うく片目を失いかけたといいます。

基本データまとめ

名前

デイビィ・ガージョン(Davey Gudgeon)

生まれたのは

1950年代~1960年代

性別

男性

種・家系

人間・魔法族

出身校

ホグワーツ魔法魔術学校

暴れ柳のせいで、片目を失いかけた魔法使い

「あの『暴れ柳』は、私がホグワーツに入学した年に植えられた。みんなで木に近づいて幹に触れられるかどうかゲームをしたものだ。しまいにデイビィ・ガージョンという男の子が危うく片目を失いかけたものだから、あの木に近づくことは禁止されてしまった(…)」

『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』第10章

リーマス・ルーピンによると、デイビィ・ガージョンはルーピンと同時代にホグワーツ魔法魔術学校に在学していました。デイビィは「暴れ柳」に近づいて幹に触れられるかどうかゲームをして、危うく片目を失いかけました。

これがきっかけで、生徒が暴れ柳に近づくことは禁止されました。

言及箇所

  • 『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』
楽天ブックス
¥2,145 (2023/02/07 22:10時点 | 楽天市場調べ)