ガラテア・メリィソート

ガラテア・メリィソートは19世紀末からほぼ半世紀もの間、ホグワーツ魔法魔術学校で闇の魔術に対する防衛術を教えていた魔女。教え子には後に同僚となったアルバス・ダンブルドアホラス・スラグホーンのほか、ニュート・スキャマンダートム・リドルがいる。

来歴

肩書き
  • 闇の魔術に対する防衛術教授
所属
ホグワーツ魔法魔術学校

キャリア

「先生、メリィソート先生が退職なさるというのは本当ですか?」
リドルが聞いた。
「トム、トム、たとえ知っていても、君には教えられないね」
スラグホーンは砂糖だらけの指をリドルに向けて、叱るように振ったが、ウィンクしたことでその効果は多少薄れていた。
『ハリー・ポッターと謎のプリンス』第17章

メリィソート教授は19世紀末から1945年まで半世紀近くもの間、ホグワーツで闇の魔術に対する防衛術を教えていた。年代を考慮すると、アルバス・ダンブルドアホラス・スラグホーンニュート・スキャマンダーも彼女の教え子であったことがわかる。
メリィソート教授は1945年にホグワーツを退職した。その年、ホグワーツを卒業するトム・リドルが闇の魔術に対する防衛術の教授の座に応募したが、当時の校長アーマンド・ディペットに「18歳では若すぎる」と断られた。実際には、リドルが権力を持つ職に就くことを望まなかったダンブルドアが、ディペット校長にリドルを採用しないよう進言していた。

外見

人間
性別
女性

表記

邦訳(日本語)
ガラテア・メリィソート
原書(英語)
Garatea Merrythought

登場箇所

  • 『ハリー・ポッターと謎のプリンス』