ランスロット

eagle

ミュリエルのいとこです。かつて聖マンゴの癒者でした。

基本データまとめ

名前

ランスロット(Lancelot)

生まれたのは

1899年以前(この頃、アリアナ・ダンブルドアが亡くなったが、それまでにランスロットは聖マンゴに勤めていた)

種・家系

人間・魔法族

性別

男性

血縁
  • ミュリエル
職業

癒者

職場

聖マンゴ魔法疾患障害病院

かつて聖マンゴに勤めていた魔法使い

「[…]エルファイアス、わたしのいとこのランスロットは、あの当時、聖マンゴの癒者だったのぇ。 […]」

――ミュリエル 『ハリー・ポッターと死の秘宝』第8章

ランスロットは聖マンゴ魔法障害疾患病院に勤める癒者でした。いとこのミュリエルによると、1889年にアリアナ・ダンブルドアが亡くなったとき、アリアナは一度も病院で診てもらったことはない、とランスロットはミュリエルの家族に話したといいます。

言及箇所

  • 『ハリー・ポッターと死の秘宝』
楽天ブックス
¥2,145 (2022/08/08 23:14時点 | 楽天市場調べ)