レストレンジ家

この項目には、ポッターモア、『ハリー・ポッターと呪いの子』で公開された情報が含まれます

レストレンジは魔法界の姓の一つ。「聖28一族」の一つに挙げられており、1930年代まではほとんどの人々が純血だとされている。
レストレンジ家は魔法使いの旧家であるため、グリンゴッツ魔法銀行のいちばん深いところに大きく、守りの堅い金庫がある。この金庫には、ヴォルデモートの分霊箱の一つであるハッフルパフのカップや、グリフィンドールの剣(ただし贋作であった)が預けられていた。

レストレンジ家の人物

明らかにされているレストレンジ家の人物は以下の5人。

ラドルファス・レストレンジ
1835年から1841年までの魔法大臣。神秘部を廃止しようとした。
リタ・レストレンジ
ニュート・スキャマンダーと親しい関係にあった女性。ニュートとは「はみ出し者同士」仲が良かった様子だが、彼女は「奪う側」だったという。詳しくは未だ明らかにされていない。
レストレンジ
トム・リドル(ヴォルデモート)と同時代のホグワーツの生徒。後述のロドルファスやラバスタンの父親の可能性もある。
ロドルファス・レストレンジ
死喰い人。ベラトリックス・ブラックと結婚した。
ラバスタン・レストレンジ
死喰い人。ロドルファスの弟。

登場・言及箇所

  • 『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』
  • 『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』
  • 『ハリー・ポッターと謎のプリンス』
  • 『ハリー・ポッターと死の秘宝』
  • ポッターモア
  • 『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』