デラクール氏(ムッシュー・デラクール)はフランスの魔法使い。ヴィーラの母を持つアポリーヌと結婚、フラーとガブリエル、二人姉妹の父親。妻より頭一つ背が低く、相当豊かな体型で、好人物。

基本情報

 

誕生
生年不明、フランスか
婚姻状況
既婚
邦訳
(ムッシュー・)デラクール
原書(英語)
(Monsieur) Delacour
人間
性別
男性
背丈
「妻より頭一つ背が低い」1
毛の色
1
アポリーヌ・デラクール
  • フラー・デラクール
  • ガブリエル・デラクール
娘婿
ビル・ウィーズリー(フラーの夫)

来歴

ムッシュー・デラクールの生年や出身校、職業などは明らかにされていない。
ヴィーラを母に持つアポリーヌと結婚し、フラーとガブリエルの姉妹をもうけた。姉妹はボーバトン魔法アカデミーで魔法教育を受けた。

長女フラーの結婚

1997年8月1日、フラーはビル・ウィーズリーと結婚する。結婚式の数日前、ムッシュー・デラクールは結婚式の準備のためにウィーズリー一家の住む「隠れ穴」を訪れた。デラクール一家は何にでも喜び、結婚式の準備に協力的だった。ムッシューはあらゆるものに「シャルマン(すばらしい)」を連発したという。デラクール一家の滞在の間、ウィーズリー夫妻は自分たちの寝室をデラクール夫妻に提供し、居間で眠っていた。

「ああ、そうそう、これは最高につるつーるに剃りますよ」ムッシュー・デラクールが保証した。「でも、どう剃りたーいか、あっきり言わないといけませーん……さもないと、残したい毛が残らないかもしれませーんよ……」
『ハリー・ポッターと死の秘宝』第7章

結婚式の前日、ハリー・ポッターの誕生日にはビルとフラーが魔法のひげ剃りを贈った。それを見たムッシュー・デラクールはひげ剃りの性能を保証し、またハリーに使い方を注意するよう言った。
結婚式では、新婦フラーと共に満面の笑みでバージンロードを歩いていた。
魔法省の陥落を伝えるキングズリー・シャックルボルトの守護霊が現れた直後、ビルとフラーの結婚式は死喰い人の襲撃を受ける。ムッシューは家族とともにその襲撃を生き延びた様子である3
後にビルとフラーの間には3人の子供が生まれた。ムッシュー・デラクールはビクトワール、ドミニク、ルイの3人の祖父となった。

外見

初登場の際には魅力的な妻にはとても及ばない容姿と描かれており、妻より頭一つ背が低く、相当豊かな体型。黒くて短く、先端がピンと尖った顎ひげを生やし、かかとの高いブーツを履いていた。

登場箇所

  • 『ハリー・ポッターと死の秘宝』
  1. 『ハリー・ポッターと死の秘宝』第6章
  2. 『ハリー・ポッターと死の秘宝』第6章
  3. 『ハリー・ポッターと死の秘宝』第9章でロンの父親が守護霊を通じて「家族は無事」と言っているほか、第11章で、リーマス・ルーピンが「ほとんどの客は、あいつらが来る前に『姿くらまし』できた」と語り、さらに不死鳥の騎士団関係者も「誰も死んではいないよ」と述べている。