ペチュニア・ダーズリー

eagle

両親を失ったハリーを引き取り、(一応は)育てたハリーのおばさん。

ハリーの母リリーとは違い、ペチュニアは魔力を持たないマグルです。

この項目には、WizardingWorld.com(旧:ポッターモア)で明らかになった情報が含まれています。

基本データまとめ

名前

ペチュニア・ダーズリー(Petunia Dursley)

旧姓

エバンズ(Evans)

性別

女性

生まれたのは

1959年より前

種・家系

人間、マグル

ニックネーム

チュニー(Tuney)

登場
  • ハリー・ポッターと賢者の石
  • ハリー・ポッターと秘密の部屋
  • ハリー・ポッターとアズカバンの囚人
  • ハリー・ポッターと炎のゴブレット
  • ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団
  • ハリー・ポッターと謎のプリンス
  • ハリー・ポッターと死の秘宝
  • ポッターモア J.K.ローリングからの新着コンテンツ「バーノンとペチュニア・ダーズリー」
  • J.K. ローリング公式サイト(リニューアル前)

来歴

この項目は書きかけです。中の人は項目を増やすのに必死なので、生暖かい目で見守っていて下さい。

1959年以前にイングランドのコークワースに住むエバンズ夫妻のもとに生まれました。数年後、1960年に妹リリーが生まれます。

『ハリー・ポッター』シリーズ全7巻の日本語訳において、リリーとペチュニアのどちらが姉かは翻訳ゆれがありました(英語の”sister”は年上/年下の区別がない)。7巻でペチュニアが姉であることがはっきりしましたが、日本語訳ではあえて名言を避けた表現になっています。

リリーがホグワーツの入学許可証を受け取ったとき、ペチュニアは自分も入学させてほしいとアルバス・ダンブルドアと手紙のやり取りをしたことがあります。ペチュニアはリリーと異なり魔力を持たなかったためホグワーツへの入学は叶いませんでした。また両親が魔女であるリリーを可愛がったことから魔法を嫌うようになり、妹を「出来損ない」呼ばわりしました。

1981年、1歳になったばかりのハリー・ポッターがダンブルドアの手紙とともに自宅の玄関に置き去りにされると、ペチュニアはしぶしぶハリーを引き取りました。

登場・言及箇所

  • ハリー・ポッターと賢者の石
  • ハリー・ポッターと秘密の部屋
  • ハリー・ポッターとアズカバンの囚人
  • ハリー・ポッターと炎のゴブレット
  • ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団
  • ハリー・ポッターと謎のプリンス
  • ハリー・ポッターと死の秘宝
  • ポッターモア
    • J.K.ローリングからの新着コンテンツ「バーノンとペチュニア・ダーズリー」
  • J.K. ローリング公式サイト(リニューアル前)