トム・マールヴォロ・リドル(ヴォルデモート卿)

トム・マールヴォロ・リドルは後にヴォルデモート卿としてその名を知らしめる、20世紀の闇の魔法使い。史上最も危険な闇の魔法使いともいわれる。
裕福なマグルのトム・リドル・シニアと、サラザール・スリザリンの末裔メローピー・ゴーントの息子。母は息子をロンドンの孤児院で出産すると間もなく亡くなり、父が息子を捜すことは無かった。トム・マールヴォロ・リドルは以来孤児院で育ち、1938年にホグワーツ魔法魔術学校に入学してからも夏休みだけは孤児院で過ごしていた。
スリザリン寮出身で、ホラス・スラグホーンのスラグ・クラブのメンバーだった。

表記
邦訳 トム・マールヴォロ・リドル
原書 Tom Marvolo Riddle
来歴
出生 1926年12月31日 イングランド ロンドン
死没 1998年5月2日(享年71) スコットランド ホグワーツ城 大広間
家系 混血(父:マグル 母:純血)
婚姻 独身
肩書き
  • 監督生
  • 首席
  • 闇の帝王
  • スリザリンの継承者
別名
  • ヴォルデモート卿 (Lord Voldemort)
  • 「例のあの人」 (“You-Know-Who”)
  • 「名前を呼んではいけないあの人」 (“Who-Must-Not-Be-Named”)
  • 闇の帝王 (The Dark Lord)
外見
人間
性別 男性
なし(元々は黒髪)
細長い、真っ赤な目、細長い瞳孔(元々は黒い瞳)
肌の色 骸骨よりも白い(元々は普通の白人の肌色)
その他
  • 背は高い
  • 蛇のように平らな鼻
  • 切れ込みを入れたような鼻の穴
  • 唇はない
魔法特性
イチイ、不死鳥の尾羽根、34センチ(10と1/2インチ)
ホグワーツ入学前にオリバンダーの店で購入したもの。
ハリー・ポッターの杖と兄弟杖。
楡、ドラゴンの心臓の琴線(ルシウス・マルフォイの杖、借り物)
1997年7月にルシウス・マルフォイから借りた杖。
「ニワトコの杖」
(真の持ち主だったことはない)
ボガート 自身の死体1
家族
トム・リドル・シニア
メローピー・ゴーント
父方の祖父母 リドル夫妻
母方の祖父 マールヴォロ・ゴーント
母方の伯父 モーフィン・ゴーント
母方の祖先
  • サラザール・スリザリン
  • カドマス・ペベレル
  • コルビヌス・ゴーント
所属
出身校
  • ホグワーツ魔法魔術学校
    • スリザリン寮
所属グループ
  • スラグ・クラブ
職業
  • 元ボージン・アンド・バークス従業員
この項目は書きかけです。中の人は項目を増やすのに必死なので、生暖かい目で見守っていてください。