アナグマ

サマービー

「あんまり早いスニッチじゃなかったし、サマービーが風邪を引いてて、ここぞというときに、くしゃみをして目をつぶったの。(…)」

『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』第26章

サマービーセドリック・ディゴリー亡き後、ハッフルパフ寮代表のクィディッチチームでシーカーを務めた魔法使い。

1996年の対グリフィンドール戦では、当時グリフィンドールのシーカーだったジニー・ウィーズリーにスニッチを奪われた。(試合そのものは240対230でハッフルパフが勝利した。)ジニーによれば、サマービーは風邪を引いており、くしゃみのせいでここぞというときに目をつぶってしまったのだという。

基本情報

誕生
1983年8月以前1
肩書き
  • シーカー
出身校
ホグワーツ魔法魔術学校
出身寮
ハッフルパフ
グループなど
  • クィディッチ寮代表チーム
邦訳
サマービー
原書(英語)
Summerby

登場箇所

  • 『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』

Photo credit: Airwolfhound via Foter.com / CC BY-SA

  1. 通常、個人用箒の持ち込みが禁止されている1年生は寮代表の選手にならない。