ミンビュラス・ミンブルトニア

ミンビュラス・ミンブルトニアは非常に貴重な植物で、おそらくアッシリア原産の植物。

見た目は灰色のサボテンのようだが、針ではなくおできのようなもので表面が覆われ、微かに脈を打っている。

また、この植物は防衛機構を持ち、表面をつつくと「おでき」からドロリとした暗緑色の液体を周りに噴出する。「臭液」と呼ばれるこの液体は、毒性はないが腐った堆肥のような臭いがある。

成長したミンビュラス・ミンブルトニアは、触れると小声で歌うような奇妙な音を出すようになる。

エピソード

  • ネビル・ロングボトムは15歳の誕生日に、大おじアルジーからミンビュラス・ミンブルトニアの鉢をもらった。ホグワーツの温室にもあるかどうか定かではない植物であるという。ネビルはミンビュラス・ミンブルトニアの繁殖に挑戦するようであった。
  • 1995年の新学期、グリフィンドール寮の入口の合言葉は「ミンビュラス・ミンブルトニア」だった。
  • ミンビュラス・ミンブルトニアに関する冗談が存在するらしく、ロン・ウィーズリーはこの冗談をマダム・ロスメルタに披露したが受けず、30分もすねていたという。

表記

邦訳(日本語)
ミンビュラス・ミンブルトニア
原書(英語)
Mimbulus Mimbletonia

登場・言及箇所

  • 『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』
  • 『ハリー・ポッターと謎のプリンス』

映画

登場作品
  • 『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』