バルッフィオ

eagle

呪文の発音を間違えて「ひどい目にあった」ことで知られる魔法使いです。呪文学の授業でフリットウィック先生がこの人物の話をしていました。

基本データまとめ

名前

バルッフィオ(Baruffio)

種・家系

人間(魔法族)

性別

男性

登場
  • 『ハリー・ポッターと賢者の石』

エピソード

呪文の発音

「[…]覚えてますね、あの魔法使いバルッフィオは、『f』でなく『s』の発音をしたため、気がついたら、自分が床に寝転んでバッファローが自分の胸に乗っかっていましたね」

―フィリウス・フリットウィック 『ハリー・ポッターと賢者の石』第10章

魔法使いバルッフィオはかつて呪文の発音を間違えたため、バッファローが胸に乗っかるという経験をしたという人物です。ホグワーツ魔法魔術学校の1年生の呪文学の授業では、呪文の発音の重要性を説くためにフリットウィック先生がバルッフィオの逸話を話したようです。

脳刺激剤の名前

1996年、O.W.L.やN.E.W.T.といった試験を控えた5年生と7年生の生徒向けに、レイブンクローの6年生エディ・カーマイケルは「バルッフィオの脳活性秘薬」を売り込んでいました。こうした「精神集中、頭の回転、眠気覚ましに役立つ物」の闇取引で売られていたもののほとんどは偽物で効果がないものばかりだったので、監督生ハーマイオニー・グレンジャーはこの「バルッフィオの脳活性秘薬」の瓶を没収し、中身をトイレに捨ててしまいました。

登場箇所

  • 『ハリー・ポッターと賢者の石』