ガム

ニンファドーラ・トンクス

この項目には、ポッターモアで公開された情報が含まれます。

誰?――「七変化」の能力を持つ、闇祓いの魔女

  • ニンファドーラは「かわいい水の精」という意味。だが本人はこの名前が好きではなく、「トンクス」と呼ばせている。
  • 生まれつき、魔法族の中でも珍しい「七変化」で、自由自在に見た目を変えられる。
  • ホグワーツ時代はハッフルパフ生。「お行儀よくする能力」などが欠けていたため、監督生にはなれなかった。
  • ホグワーツ卒業後、魔法省へ。3年間の厳しい訓練を受けた末、1994年闇祓いになる。
  • 闇祓いになって1年後、再結成された不死鳥の騎士団の一員となる。
  • 翌年、「七変化」の能力に異変が生じる。ルーピンに拒絶されたことが原因であった。
  • 2度目の魔法使いたちの戦いの最中、1997年夏、リーマス・ルーピンと結婚
  • 翌年4月、息子テディが生まれる
  • 5月、ホグワーツの戦いで伯母ベラトリックス・レストレンジの呪いに倒れ、戦死

基本情報まとめ

名前・表記

邦訳
ニンファドーラ・トンクス
原書(英語)
Nymphadora Tonks

来歴

誕生
1972年9月~1973年8月ころ1
家系
混血(父:マグル生まれ 母:純血)
婚姻状況
1997年7月ごろ、リーマス・ルーピンと結婚。
別名・渾名
  • トンクス(友人の多くからはこう呼ばれる)
  • ドーラ(家族からの呼び名)
肩書き
  • 闇祓い
出身校
ホグワーツ魔法魔術学校(1984年入学)
出身寮
ハッフルパフ2
グループなど
  • 不死鳥の騎士団

外見

人間
性別
女性
髪の色
自由自在(ただし、「風船ガムのピンク色」にするのを好んでいる様子)

魔法の特徴

守護霊
もともとはジャックウサギ。リーマス・ルーピンに恋したのち、狼になった。

家族

エドワード・“テッド”・トンクス
アンドロメダ・ブラック
リーマス・ルーピン
息子
エドワード・“テディ”・ルーピン
義父
ライアル・ルーピン
義母
ホープ・ハウエル

映画

女優
ナタリア・テナ
登場
  • 『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』
  • 『ハリー・ポッターと謎のプリンス』
  • 『ハリー・ポッターと死の秘宝 Part 1』
  • 『ハリー・ポッターと死の秘宝 Part 2』

来歴


ここからは書きかけです。中の人は項目数を増やすのに必死なので、生暖かい目で見守っていて下さい。

登場・言及箇所

  • 『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』
  • 『ハリー・ポッターと謎のプリンス』
  • 『ハリー・ポッターと死の秘宝』
  • ポッターモア