エドガー・ボーンズ

エドガー・ボーンズはアメリア・ボーンズの弟1で、少なくとももう一人きょうだい(スーザン・ボーンズの親)がいる。不死鳥の騎士団創立メンバーの一人。1981年、ヴォルデモート卿が力を失う少し前に妻や子どもたちとともに死喰い人によって殺害された。

表記
邦訳 エドガー・ボーンズ
原書 Edgar Bones
来歴
死没 1981年
外見
人間
性別 男性
所属
  • 不死鳥の騎士団
家族
人間
性別 男性
所属
  • 不死鳥の騎士団

来歴

エドガー・ボーンズには二人のきょうだいがいる。一人は後に魔法法執行部の部長となったアメリア・ボーンズ。もう一人はエドガーとアメリアの姪スーザン・ボーンズの親。
エドガーは結婚し、妻との間に少なくとも一人の子どもがいる。
1度目の魔法使いたちの戦いで、アルバス・ダンブルドアが創立した秘密結社、不死鳥の騎士団のメンバーとなり、ヴォルデモート卿や死喰い人ら闇の陣営と戦った。
エドガーは1981年ころ、妻や子どもたちとともに死喰い人によって殺害された。エドガーやアメリアの両親、すなわちスーザン・ボーンズの祖父母もヴォルデモート卿によって殺害されている。
不死鳥の騎士団創立メンバーの写真に写っており、1995年の夏にマッド‐アイ・ムーディがハリー・ポッターに写真を見せて紹介した。ムーディはエドガーのことを「素晴らしい魔法使いだった」と評価している。

言及箇所

  • ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団
  1. 邦訳は「弟」だが、原書では”brother”なので兄か弟かはわからない