イーニッド・スミーク

イーニッド・スミークは19世紀末、ゴドリックの谷の郊外に住んでいた魔女。リータ・スキーターのインタビューに答えたことがある。

表記
邦訳 イーニッド・スミーク
原書 Enid Smeek
外見
人間
性別 女性

言及箇所

ハリー・ポッターと死の秘宝

第18章 アルバス・ダンブルドアの人生と嘘

イーニッド・スミークは19世紀末にゴドリックの谷郊外に住んでいた魔女。同じ頃ダンブルドア一家もゴドリックの谷に住んでいた。
イーニッドによると、アバーフォース・ダンブルドアは「イカレポンチ」で「私の頭にしょっちゅう山羊の糞を投げつけるような子」だったが、兄のアルバス・ダンブルドアは弟を気にかける様子はなかったという。
また、イーニッドはリータ・スキーターのインタビューの中で、著名な魔法史家のバチルダ・バグショットを「サメの脳みそ」と表現し、バチルダが老齢のため鈍くなってしまったことを語った。