ラヴァーナ・デ・モントモレンシー

ラヴァーナ・デ・モントモレンシーは19世紀の魔女で、愛の妙薬の発明者。ホグワーツ魔法魔術学校ではレイブンクロー生だった。蛙チョコレートのカードの1枚に載っている。

基本情報

誕生
1823年 グレートブリテンまたはアイルランド
死没
1893年
出身校
ホグワーツ魔法魔術学校(1834年または1835年入学)
出身寮
レイブンクロー
職業
魔法薬師
邦訳(日本語)
ラヴァーナ・デ・モントモレンシー
原書(英語)
Laverne de Montmorency
人間
性別
女性

来歴

ラヴァーナ・デ・モントモレンシーは1823年生まれ、ホグワーツ魔法魔術学校ではレイブンクロー寮に所属した。

優れた魔法薬師であり、愛の妙薬(アモルテンシア)の先駆者となり多くの愛の妙薬を発明した。

1893年、69歳または70歳で没した。死後はフルーパウダー(煙突飛行粉)を発明した功績から蛙チョコレートカードに名を残している。

1991年9月1日、監督生ロバート・ヒリアードによってレイブンクロー寮出身の著名な魔女として紹介された。1

言及箇所

  • ポッターモア
    • History of Magic
    • ラヴァーナ・デ・モントモレンシーのカード
  1. Pottermore – レイブンクロー寮歓迎メッセージ