ジャグソン

eagle

ヴォルデモートに仕える死喰い人の一人です。ハリーとヴォルデモートに関わる予言の球を奪うため、神秘部の戦いにいたことがわかっています。

基本データまとめ

名前

ジャグソン(Jugson)

人間

性別

男性

来歴

ジャグソンはヴォルデモート卿に仕える「死喰い人」の一員です。年齢や具体的な加入時期はわかっていません。

1996年6月の神秘部の戦いにいたことがわかっています。

神秘部の戦い

「[…]ジャグソン、こちに戻れ! 組織を立て直す! 二人、組になって探すのだ。いいか、忘れるな。予言を手に入れるまではポッターに手荒なまねはするな。[…]」

『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』第35章

ジャグソンはアントニン・ドロホフと組み、予言の球を持ったハリー・ポッターを追っていました。時の間でハリーネビルハーマイオニーの三人と戦うが、ハリーの全身金縛り術に倒れました。やがて全身金縛り術を解いたジャグソンは、他の死喰い人たちとともに死の間でハリーを追い詰めますが、まさにその時駆けつけた不死鳥の騎士団のメンバーと戦うこととなりました。

最後はアルバス・ダンブルドアの「姿くらまし防止呪文」で縛られ、アズカバンへ収監されました。

登場箇所

  • 『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』