コーバン・ヤックスリー

この項目には、Pottermore Presents『ホグワーツ 権力と政治と悪戯好きのポルターガイスト』で公開された情報が含まれます

コーバン・ヤックスリーヴォルデモート卿の手下「死喰い人」の魔法使い。1度目の魔法使いたちの戦い、2度目の魔法使いたちの戦いの両方に参戦した。
1994年6月、ヴォルデモート卿の復活から3日後にヴォルデモート卿の命でホラス・スラグホーンの家に現れ、スラグホーンを勧誘、もしくは連れ去ろうとした。しかし肘掛け椅子に変身したスラグホーンを見破ることができなかった。スラグホーンはそれ以降、ホグワーツで再び教職につくまで住処を転々とすることとなった。
1997年8月、魔法大臣ルーファス・スクリムジョールが殺害されると、ヴォルデモート卿の傀儡政権下で魔法法執行部の部長に就任した。
1998年5月、ヤックスリーはホグワーツの戦いに参戦するが、リー・ジョーダンとジョージ・ウィーズリーに倒された。ホグワーツの戦い後のヤックスリーの処遇については不明である。
ここからは書きかけです。中の人は項目数を増やすのに必死なので、生暖かい目で見守っていて下さい。

登場・言及箇所

  • 『『ハリー・ポッターと謎のプリンス』
  • 『ハリー・ポッターと死の秘宝』
  • Pottermore Presents『ホグワーツ 権力と政治と悪戯好きのポルターガイスト』