ガム

トンクス ニンファドーラ

「七変化」の能力を持つ、闇祓いの魔女。ホグワーツ時代はハッフルパフ生。2度目の魔法使いたちの戦いから、不死鳥の騎士団のメンバーとなった。リーマス・ルーピンと結婚し、息子テディをもうけた。ホグワーツの戦いでベラトリックス・レストレンジに殺された。

ルーピン エドワード

愛称はテディ、またはテッド。リーマス・ルーピンとニンファドーラ・トンクスの一人息子。母親譲りの七変化でハッフルパフ生。2014年までにビクトワール・ウィーズリーと付き合い始め、日刊予言者新聞のゴシップ欄にもビクトワールとキスしたことが報じられている。2015年夏、ホグワーツの首席に選ばれた。