ルシウス・マルフォイ

この項目には、ポッターモアで公開された情報が含まれます

ルシウス・マルフォイは純血の魔法使いで、アブラクサス・マルフォイの息子。ブラック家出身の魔女ナルシッサの妻で、一人息子ドラコがいる。ホグワーツ魔法魔術学校の出身で、在学中はスリザリン生だった。純血主義者であったルシウスは裏ではヴォルデモートの手下、死喰い人に加わる一方、表ではその財力を使って魔法省内で大きな影響力を振るった。
1981年にヴォルデモートが1度目の敗北を喫すると、ルシウスは服従の呪文にかけられていたと訴えてアズカバンへの収監を逃れた。ルシウスは魔法界の上流階級として留まっていたが、マグルやマグル生まれに対する差別的態度は取り続けていた。1992年には魔法不正使用取締局に務めていたアーサー・ウィーズリーの娘ジニーの学用品にヴォルデモートの学生時代の日記を紛れ込ませ、ジニーに秘密の部屋を開けさせてホグワーツを恐怖に陥れた。1994年、クィディッチ・ワールドカップ決勝戦後にマグルの一家が襲撃された事件にも加わっている。
1995年夏にヴォルデモートが復活すると、再び死喰い人としてヴォルデモートに仕えた。ヴォルデモートの命で魔法省の神秘部にあった予言を奪おうとする。しかし1996年、予言を手に入れることに失敗した上、逮捕されアズカバンに収監された。1997年、アズカバンから脱獄したものの、マルフォイ家の地位はもはや失墜していた。1998年、ルシウスと妻ナルシッサはヴォルデモートの敗北直前に、ヴォルデモート卿を裏切ることとなった。
2度目の魔法使いたちの戦い後、死喰い人たちに不利な情報を提供したことでルシウスは再びアズカバン送りを逃れた。ドラコは2017年までに同級生ダフネ・グリーングラスの妹アストリアと結婚、息子スコーピウスが生まれている。

表記
邦訳 ルシウス・マルフォイ
原書 Lucius Malfoy
来歴
出生 1954年
家系 純血
婚姻 既婚
肩書き
  • 元ホグワーツ理事
  • 監督生
外見
人間
性別 男性
灰色
ブロンド
家族
アブラクサス・マルフォイ
ナルシッサ・ブラック
息子 ドラコ・マルフォイ
義娘 アストリア・グリーングラス
スコーピウス・マルフォイ
祖先
  • アーマンド・マルフォイ
  • ルシウス・マルフォイ(1世)
  • ブルータス・マルフォイ
魔法特性
楡、ドラゴンの心臓の琴線
後にヴォルデモート卿に提供。ハリー・ポッターによって破壊される。
所属
出身校
  • ホグワーツ魔法魔術学校
    • スリザリン寮
所属団体
  • 死喰い人
この項目は書きかけです。中の人は項目数を増やすのに必死なので、生暖かい目で見守っていて下さい

登場箇所

  • ハリー・ポッターと賢者の石
  • ハリー・ポッターと秘密の部屋
  • ハリー・ポッターとアズカバンの囚人
  • ハリー・ポッターと炎のゴブレット
  • ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団
  • ハリー・ポッターと謎のプリンス
  • ハリー・ポッターと死の秘宝
  • 吟遊詩人ビードルの物語
  • ポッターモア
    • J.K. ローリングからの新着コンテンツ「ドラコ・マルフォイ」
    • J.K. ローリングからの新着コンテンツ「マルフォイ家」