メローピー・ゴーント

メローピー・リドル(旧姓:ゴーント)はヴォルデモート卿(本名:トム・マールヴォロ・リドル)の母親。サラザール・スリザリンの子孫で「聖28一族」のゴーント家の末裔。家族や祖先のスリザリンと同じようにパーセルマウスである。
1926年の大晦日、息子トム・マールヴォロをロンドンの孤児院で出産し間もなく亡くなった。

表記
邦訳 メローピー・ゴーント
原書 Merope Gaunt
来歴
出生 1907年ころ
死没 1926年12月31日(享年19)イングランド ロンドン
家系 純血
婚姻 既婚
外見
人間
性別 女性
黒、両目が逆の方向を向いている
魔法特性
  • 素材不明
その他の能力
  • パーセルマウス(蛇語使い)
家族
マールヴォロ・ゴーント
モーフィン・ゴーント
トム・リドル・シニア
長男 トム・マールヴォロ・リドル
祖先
  • サラザール・スリザリン
  • カドマス・ペベレル
  • コルビヌス・ゴーント

来歴

生い立ち

メローピー・ゴーントはリトル・ハングルトンの村外れにある掘っ立て小屋で、父マールヴォロと兄モーフィンとともに暮らしていた。
ゴーント家は長年近親婚を続けており、暴力的で情緒不安定の家柄で知られていた。壮大なことを好み、メローピーの父マールヴォロが生まれるころには先祖の財産を浪費し尽くしていたという。また、ゴーント家はサラザール・スリザリンの子孫で、メローピーもまた先祖のスリザリンと同じようにパーセルマウス(蛇語使い)であった。
ホグワーツ魔法魔術学校や他の魔法学校に行ったかは定かではないが、杖を持ちそれを使っていた。メローピーは魔法の才能があまり見られず、父から「汚らしいスクイブ」と言われるなど虐待を受けて育っていた。18歳のころ父や兄がアズカバンに投獄されると、メローピーは長年抑圧されていた魔力を解き放つことができたのだろう、とアルバス・ダンブルドアは推測している。

結婚

メローピーはリトル・ハングルトンの村に住む地主、裕福なリドル家の息子トム・リドルに思いを寄せていた。1925年の夏、モーフィンはメローピーがトムに片思いをしていることを知り、トムに呪いをかけて蕁麻疹だらけにしてしまう。事態を収拾した魔法省は犯人がモーフィンであることを突き止め、ボブ・オグデンはモーフィンの召喚状を持ってゴーント家を訪れた。その際にモーフィンはメローピーが片思いしていることを明かし、純血を重んじる父マールヴォロはそれを聞いて激怒、メローピーを攻撃したが、オグデンによって阻まれた。
モーフィンは間もなく魔法警察部隊によって逮捕され、その際部隊の何人かを攻撃したマールヴォロも逮捕された。マールヴォロは半年、モーフィンは2年の収監を言い渡され、メローピーは生まれて初めて父や兄から開放されることとなった。メローピーは掘っ立て小屋に置き手紙を残し、思いを寄せていたハンサムなマグル、トム・リドルと駆け落ちした。
ハリー・ポッターは「服従の呪文」や「愛の妙薬」を使ったのではないかと考えたが、アルバス・ダンブルドアは「愛の妙薬」のほうがロマンチックに思われるから、おそらく後者だろうと推測している。いずれにしても、1925年ころにメローピーはトム・リドルと結婚し、ロンドンで暮らし始めた。リトル・ハングルトンは村中がこのスキャンダルに沸き返ったという。
翌年、メローピーはトムの子どもを身ごもった。この頃に、メローピーは夫を魔法で隷従させることをやめてしまう。自分が夢中だったために夫のほうも自分の愛に応えてくれるようになっていると確信していたか、もしくは生まれてくる子どものために一緒にいてくれるだろうと思ったのかもしれない、とアルバス・ダンブルドアは推測している。しかしトム・リドルは身重のメローピーを捨て、リトル・ハングルトンの屋敷に戻り二度と会うことはなかった。

出産

夫に捨てられたメローピーは、絶望のあまり魔法を使うことをやめてしまったのだろう、とアルバス・ダンブルドアは推測している。メローピーは自分の命を救うためにすら杖を上げることはなかった。
夫に捨てられたメローピーはお金に窮していた。1926年のクリスマスの少し前、困窮のあまり臨月のメローピーはゴーント家の家宝の一つ、スリザリンのロケットをカラクタカス・バークにたった10ガリオンで売り払ってしまう。
その年の大晦日、身を切るような冷たい雪の夜、メローピーはロンドンにある孤児院を訪れ、玄関の石段をよろめきながら上がった。そこで働き始めたばかりだったコールがメローピーを中に入れると、1時間後にメローピーは男の子を産んだ。
生まれた男の子には父親のトムと、自分の父親のマールヴォロをとって名付けて欲しい、とメローピーはコールに頼んだ。そして姓はリドルだと告げると、メローピーは間もなく亡くなった。息子が生まれてから1時間後のことだった。マールヴォロがおかしな名前だと思ったコールは、メローピーがサーカス出身ではないかと思っていた。

死後

メローピーがどこに葬られたかは定かではない。メローピーは亡くなる前に息子の名前のことしか話さなかったので、孤児院の人々にはメローピーの身元はわからなかったと考えられる。
メローピーの息子、トム・マールヴォロ・リドルは長らく母親が魔女だとは知らずに育った上、もし母親が魔女だったならば死ぬはずがなく、父親の方が魔法族だったに違いないと考えていた。母が父を魔法で隷従させて結婚したとは露知らず、妻が魔女だと知って父親は母親を棄てたのだろう、とトムは信じており、また真実を知ることもなかったようである。
後にトム・マールヴォロ・リドルは、史上最悪の闇の魔法使い、ヴォルデモート卿として恐れられた。

外見

1925年にボブ・オグデンがゴーント家を訪れた際には、メローピーは蒼白くぼってりとした顔立ちで、両目が逆の方向を向いており、艶のない髪はダラリと垂れていた。後にその様子を見たハリーは、こんなに打ちひしがれた顔は見たことがない、と思った。ミセス・コールは「美人とはいえない」と語っていた。

J.K.ローリングのコメント

[…] everything would have changed if Merope had survived and raised him herself and loved him.

((中略)もしメローピーが死なずに自分で息子を育て、息子を愛したなら、何もかもが変わっていたでしょう。)

2007年7月30日、Bloomsbury.comで行われたJ.K.ローリングとファンのチャットで、ローリングはメローピーがもし死なずに息子を育てていたなら、トム・マールヴォロ・リドルは悪の道には走っていなかっただろうという趣旨のコメントをしている。

登場・言及箇所

  • ハリー・ポッターと秘密の部屋
  • ハリー・ポッターと炎のゴブレット
  • ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団
  • ハリー・ポッターと謎のプリンス(名前が明かされる)
  • ハリー・ポッターと死の秘宝
  • J.K.ローリングへのインタビュー