柳の木

デイビィ・ガージョン

「あの『暴れ柳』は、私がホグワーツに入学した年に植えられた。みんなで木に近づいて幹に触れられるかどうかゲームをしたものだ。しまいにデイビィ・ガージョンという男の子が危うく片目を失いかけたものだから、あの木に近づくことは禁止されてしまった(…)」
『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』第10章

デイビィ・ガージョンは1970年代にホグワーツ魔法魔術学校に在学していた魔法使い。

リーマス・ルーピンの話によると、デイビィは校庭の暴れ柳の幹に触れられるかどうかゲームをして、危うく片目を失いかけたという。

誕生
1950年代~1960年代
出身校
ホグワーツ魔法魔術学校
邦訳
デイビィ・ガージョン
原書(英語)
Davey Gudgeon
人間
性別
男性
親類の可能性
グラディス・ガージョン

言及箇所

  • 『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』