レイブンクローの髪飾り

レイブンクローの髪飾りはホグワーツ魔法魔術学校の創設者の一人、ロウェナ・レイブンクローの遺品。長らく所在がわからなかったため、失われた髪飾りとも呼ばれた。
髪飾りにはロウェナ・レイブンクローの有名な言葉、「計り知れぬ英知こそ、われらが最大の宝なり」が彫ってあり、髪飾りをつけた者は知恵が増すと言われている。この髪飾りはロウェナ・レイブンクローの娘ヘレナによって盗まれたが、ロウェナはその事実を隠していた。
レイブンクローの髪飾り、ハッフルパフのカップ、スリザリンのロケットは後に20世紀の闇の魔法使い、ヴォルデモート卿の分霊箱となっていた。

表記
邦訳 レイブンクローの髪飾り
原書 Ravenclaw’s Diadem
基本情報
作者 ロウェナ・レイブンクロー
時代 中世、10世紀~11世紀ころ
用途 知恵を増す
分霊箱作成の犠牲者 アルバニアの農民
所有者

歴史

ロウェナ・レイブンクロー

ロウェナ・レイブンクローはホグワーツ魔法魔術学校が創設された時代の魔法族の中では最も優れた人物。レイブンクローの髪飾りはそれを着けた者の知恵を増すことができるよう、レイブンクロー自身が魔法をかけたと思われる。
娘、ヘレナに髪飾りを盗まれてから間もなく、ロウェナ・レイブンクローは亡くなったと言われている。

ヘレナ・レイブンクロー

ロウェナの娘ヘレナは、その時代で最も賢いとされた母を妬んでいた。母よりも賢く重要な人物になりたいと思ったヘレナは、ロウェナの髪飾りを盗み出してアルバニアの森へと逃げる。間もなく重い病に臥せたロウェナは、娘の恐ろしい裏切りにも関わらず、最期に娘にもう一度だけ会いたいと願った。ロウェナはヘレナに思いを寄せていた男爵に頼み、ヘレナを捜しに行かせた。ヘレナは男爵に見つかった際、母の髪飾りをアルバニアの森の木の洞に隠していた。ヘレナが男爵と共に戻ることを拒むと、男爵は激怒、ヘレナを刺し殺した。自分が行ってしまった恐ろしい行為を目の当たりにし、男爵もまた同じ凶器で自らの命を絶った。ヘレナと男爵はそれぞれレイブンクロー寮とスリザリン寮の守護ゴーストとなり、「灰色のレディ」「血みどろ男爵」として知られている。
髪飾りはヘレナが木の虚に隠してからというもの、何世紀にも渡ってそのままアルバニアの森に残されていた。

ヴォルデモート卿(トム・マールヴォロ・リドル)

20世紀に入り、「灰色のレディ」と呼ばれレイブンクロー寮の守護ゴーストとなっていたヘレナから、スリザリン生のトム・マールヴォロ・リドルが言葉巧みに髪飾りの在処を聞き出した。リドルはホグワーツ卒業後アルバニアへ発ち、森の中でヘレナが隠していた髪飾りを見つけた。アルバニアの農民を殺害して髪飾りを分霊箱にすると、リドルは髪飾りが本来あるべき場所、ホグワーツに分霊箱を隠そうと考えた。
リドルはホグワーツ城にある「必要の部屋」の秘密を見つけたのは自分だけだと思い込んでおり、「必要の部屋」に分霊箱となったレイブンクローの髪飾りを隠した。しかし数十年後、「必要の部屋」の存在を知っていたハリー・ポッターは「謎のプリンス」の『上級魔法薬』の本を隠す必要に迫られ、隠し場所となった必要の部屋へと入っていた。リドルの他の分霊箱と異なり、髪飾り自体に強力な保護魔法がかけられていたわけではなかったため、後にハリー・ポッターが予期せず髪飾りを見つけることになる。

ハリー・ポッター

レイブンクローの髪飾りは何十年もの間、隠し場所となった「必要の部屋」の中に隠されていた。ハリー・ポッターはホグワーツの6年生だった際に、ただの「古い黒ずんだティアラ」としてレイブンクローの髪飾りを見つけていた。創設者の遺品であるとも、ヴォルデモートの分霊箱であるとも知らず、自分が教科書を隠した目印にと、年老いた醜い魔法戦士の像の上に鬘を被せ、その上に古い黒ずんだティアラを置いていた。
1998年5月、ロン・ウィーズリーやハーマイオニー・グレンジャーと共に、ハリー・ポッターはヴォルデモートの残りの分霊箱を捜しにホグワーツへと戻る。レイブンクローに縁のある品として考えられるのはレイブンクローの髪飾りだと教えられ、ルーナ・ラブグッドに連れられてレイブンクロー寮の談話室を訪れた。談話室にはレイブンクローの像があり、ハリーはレイブンクローの髪飾りがどのような形であるかを知った。数時間後、ハリーは「灰色のレディ」ヘレナ・レイブンクローからレイブンクローの髪飾りについてを聞き出し、自分がかつて髪飾りを見つけていたことも思い出した。
髪飾りを捜しに「必要の部屋」に入ったハリー、ロン、ハーマイオニーの3人は、髪飾りを見つける前にドラコ・マルフォイ、ビンセント・クラッブ、グレゴリー・ゴイルの3人と戦うことになった。この時クラッブの放った「悪霊の火」は「必要の部屋」に隠されていた品々を焼き尽くしてしまう。箒に乗って「悪霊の火」から逃れようとしたハリーは、炎に巻き上げられた髪飾りを捕まえて命からがら「必要の部屋」を脱出する。
「悪霊の火」は分霊箱を破壊することができる数少ない物の一つであった。「必要の部屋」を脱出したハリーの手の中で、レイブンクローの髪飾りは真っ二つに割れた。

登場箇所

  • ハリー・ポッターと謎のプリンス
  • ハリー・ポッターと死の秘宝
  • ポッターモア