ブラック家

ブラック家はイギリス魔法界の旧家の一つ。「聖28一族」の一つでもあり、ほとんどの魔法界の一族、純血の一族は特にブラック家と姻戚関係にある。
一族の屋敷、グリモールド・プレイス12番地の客間には、ブラック家の家系図が刺繍されたタペストリーがあり、家系図は中世まで遡ることができるという。
ブラック家には星や星座の名前をつける伝統があり、「非常に高い野心と自尊心を持つこの一族にはぴったり」だとも言われている。1
20世紀、レギュラス・ブラックが1979年に、シリウス・ブラックが1996年に死去、2人には子供がなかったため、ブラック家の男系の血統は途絶えた。女系ではマルフォイ家のドラコ・マルフォイスコーピウス・マルフォイがブラック家の血を引いている。また、ニンファドーラ・トンクスやその息子テディ・ルーピンもブラック家の血を引いているが、ニンファドーラの母アンドロメダが家系図から抹消されているために家系図には載っていない。

家訓とルーツ


Pottermore公式Twitterアカウントのツイート。画像は映画で用いられたブラック家の家系図が描かれたタペストリーの一部。リンク先では「ハリー・ポッター」シリーズの映画で使用された様々な紋章のデザインを見ることができる。


ブラック家の家訓は”Tonjours Pur”(「純血よ永遠なれ」)。これはフランス語であるため、マルフォイ家のような他のイギリスの旧家の多くと同じく、フランスにルーツがあることが推察される。

ブラック家の家系図

ブラック家の家系図は中世まで遡ることができ、ブラック家の屋敷であるグリモールド・プレイス12番地の客間に掛かったタペストリーに金の糸で刺繍されている。
『ハリー・ポッター』シリーズの作者J.K.ローリングは、2006年1月、手書きのブラック家の家系図をNGOのBook Aid Internationalに寄付、この家系図は同じ年の2月22日に競売にかけられた。
以下の家系図はこの手描きの家系図を元にしたものに、ドラコ・マルフォイの妻で純血の魔女、アストリア・グリーングラスと、ドラコとアストリアの息子スコーピウスを加えてある。また、邦訳に登場がなく、確定した日本語訳の表記がないものに関しては、原則として英語の発音に則して表記した。

家系図から抹消された人物

  1. アイラ(マグルのボブ・ヒッチェンズと結婚したため)
  2. フィニアス(マグルの権利を支持したため)
  3. マリウス(スクイブであったため)
  4. セドレーラ(『血を裏切る者』であるウィーズリー家のセプティマス・ウィーズリーと結婚したため)
  5. アルファード(家出した甥、シリウスに金貨を遺したため)
  6. シリウス(家出したため)
  7. アンドロメダ(マグル生まれのエドワード(テッド)・トンクスと結婚したため)

血族

1840-1850年代

シリウス・ブラック(1世)
7,8歳で夭折。
フィニアス・ナイジェラス・ブラック
ホグワーツ魔法魔術学校の歴代校長の一人。シリウス・ブラック(3世)曰く、「歴代校長の中で一番人望がなかった」
エラドーラ・ブラック
シリウス・ブラック(3世)曰く、年老いた屋敷しもべ妖精がお茶の盆を運べなくなったら首を刎ねる、という伝統を打ち立てた魔女。
アイラ・ブラック (Isla Black)
イスラ・ブラックとも)マグル、ボブ・ヒッチェンズと結婚したため家系図から抹消された。

フィニアス・ナイジェラスの子世代(1870-1880年代)

シリウス・ブラック(2世)
ヘスパー・ガンプと結婚。シリウス・ブラック(3世)の父方の曽祖父。
フィニアス・ブラック
マグルの権利を支持したため、家系図から抹消された。
アークタルス・ブラック(1世)
リサンドラ・ヤックスリーと結婚。ウィーズリー家の多くの人物が彼の血を引く。
ベルヴィナ・ブラック (Belvina Black)
ハーバート・バークと結婚。息子2人、娘1人がいる。
シグナス・ブラック(1世) (Cygnus Black)
ヴァイオレッタ・ブルストロードと結婚。シリウス・ブラック(3世)の母方の曽祖父。

フィニアス・ナイジェラスの孫世代(1900-1910年代・1920年)

アークタルス・ブラック(2世)
シリウス・ブラック(3世)の父方の祖父。魔法省に多額の寄付を行い、見返りにマーリン勲章勲一等を授与された。
ライコリス・ブラック (Lycoris Black)
リコリス・ブラックとも。シリウス・ブラック(3世)の父方の大叔母。独身のまま亡くなった。
レギュラス・ブラック(1世)
シリウス・ブラック(3世)の父方の大叔父。独身のまま亡くなった。
ポラクス・ブラック (Pollux Black)
ポルックス・ブラックとも。シリウス・ブラック(3世)の母方の祖父。
カシオピア・ブラック (Cassiopeia Black)
カシオペア・ブラックとも。シリウス・ブラック(3世)の母方の大叔母。
マリウス・ブラック
シリウス・ブラック(3世)の大おじ。スクイブであったため、家系図から抹消されたいる。
ドリア・ブラック (Dorea Black)
ドレア・ブラックとも。シリウス・ブラック(3世)の大叔母。チャールズ・ポッターと結婚。息子が1人いる。
夫婦の一人息子がジェームズ・ポッターであると噂されていたが、ポッターモアでポッター家の情報が公開され、この噂は否定された。
カリドーラ・ブラック (Callidora Black)
ハーファング・ロングボトムと結婚。息子と娘が1人ずついる。
セドレーラ・ブラック (Cedrella Black)
セプティマス・ウィーズリーと結婚。セプティマスは「血を裏切る者」ウィーズリー家の一族であるため、家系図からは抹消されている。
2人には3人の息子がおり、そのうちの1人はアーサー・ウィーズリーと考えられる。
ケイリス・ブラック (Charis Black)
チャリス・ブラックとも。キャスパー・クラウチと結婚。息子1人、娘が2人いる。

フィニアス・ナイジェラスの曾孫世代(1920年代)

ルクリシア・ブラック (Lucretia Black)
ルクレティア・ブラックとも。シリウス・ブラック(3世)の父方の伯母。イグネイシャス・プルウェットと結婚。
オライオン・ブラック (Orion Black)
オリオン・ブラックとも。シリウス・ブラック(3世)の父。再従姉のヴァルブルガ・ブラックと結婚。
ヴァルブルガ・ブラック (Walburga Black)
シリウス・ブラック(3世)の母。肖像画がグリモールド・プレイス12番地にある。
アルファード・ブラック
シリウス・ブラック(3世)の叔父。純血主義に反発して家出した甥シリウスに金貨を遺したため、家系図から抹消された。
シグナス・ブラック(2世) (Cygnus Black)
シリウス・ブラック(3世)の叔父。ドゥルーエラ・ロジエールと結婚。
ベラトリックス、アンドロメダ、ナルシッサの三姉妹の父。
アラミンタ・メリフルア・ブラック
ヴァルブルガ・ブラックの従姉。J.K. ローリングの書いた家系図には載っていないが、5巻6章の記述によれば彼女はブラック家の家系図に載っている。

フィニアス・ナイジェラスの曾々孫世代(1950-1960年代)

シリウス・ブラック(3世)
ブラック家の直系男子最後の1人。従姉ベラトリックスによって殺害される。シリウスの死によりブラック家の男系は断絶した。
16歳の時、家風に反発して家出。以来ブラック家の家系図からは抹消されていた。
レギュラス・ブラック(2世)
シリウス・ブラック(3世)の弟。死喰い人だった。独身のまま兄シリウスより先に亡くなった。
ベラトリックス・ブラック
シリウス・ブラック(3世)の従姉。死喰い人。ロドルファス・レストレンジと結婚。子供はない。ブラック家最後の男子シリウス3世を殺害した張本人。
アンドロメダ・ブラック
シリウス・ブラック(3世)の従姉。マグル生まれの魔法使い、テッド・トンクスと結婚したため家系図から抹消された。一人娘ニンファドーラがいる。
ナルシッサ・ブラック
シリウス・ブラック(3世)の従姉。ルシウス・マルフォイと結婚。一人息子ドラコがいる。

縁族

ボブ・ヒッチェンズ (Bob Hitchens)
アイラ・ブラック (Isla Black)の夫。マグル。家系図には載っていない。
ヘスパー・ガンプ (Hesper Gamp)
シリウス・ブラック(2世)の妻。シリウス・ブラック(3世)の父方の曾祖母。
リサンドラ・ヤックスリー (Lysandra Yaxley)
アークタルス・ブラック(1世)の妻。アーサー・ウィーズリーの祖母と考えられる。
ハーバート・バーク (Herbert Burke)
ベルヴィナ・ブラック (Belvina Black) の夫。息子2人、娘1人がいる。
ヴァイオレッタ・ブルストロード (Violetta Bulstrode)
シグナス・ブラック(1世) (Cygnus Black) の妻。シリウス・ブラック(3世)の母方の曾祖母。
イルマ・クラッブ (Irma Crabbe)
ポラクス・ブラック (Pollux Black) の妻。シリウス・ブラック(3世)の母方の祖母。
チャールズ・ポッター (Charles Potter)
ドリア・ブラック (Dorea Black) の夫。一人息子がいる。
一人息子がジェームズ・ポッターであると噂されていたが、ポッターモアでポッター家の情報が公開され、この噂は否定された。
ハーファング・ロングボトム (Harfang Longbottom)
カリドーラ・ブラック (Callidora Black) の夫。息子と娘が1人ずついる。
セプティマス・ウィーズリー (Septimus Weasley)
セドレーラ・ブラック (Cedrella Black) の夫。3人息子がいるとされ、そのうちの1人はアーサー・ウィーズリー。
キャスパー・クラウチ (Casper Crouch)
ケイリス・ブラック (Charis Black) の夫。息子が1人、娘が2人いる。
ドゥルーエラ・ロジエール (Druella Rosier)
シグナス・ブラック(2世) (Cygnus Black) の妻。
ロドルファス・レストレンジ
ベラトリックス・ブラックの夫。子供はない。
エドワード(テッド)・トンクス
アンドロメダ・ブラックの夫。マグル生まれの魔法使いのため家系図には載っていない。一人娘ニンファドーラがいる。
ルシウス・マルフォイ
ナルシッサ・ブラックの夫。一人息子ドラコがいる。

遠縁

この項目は書きかけです。中の人は項目を増やすのに必死なので、生暖かく見守っていてください。

言及箇所

  • 『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』
  • 『ハリー・ポッターと死の秘宝』
  • ポッターモア
    • J.K.ローリングからの新着コンテンツ「純血」