ハッサン・モスタファー

ハッサン・モスタファーはエジプト出身のクィディッチの審判。1994年のクィディッチ・ワールドカップ決勝戦で審判を行った。

表記
邦訳 ハッサン・モスタファー
原書 Hassan Mostafa
所属
職業
  • クィディッチの審判
所属
  • 国際クィディッチ連盟

来歴

ハッサン・モスタファーはエジプト人。1994年、第422回クィディッチ・ワールドカップ決勝戦、アイルランド対ブルガリアの審判を務めるため、エジプトからイギリスにやってきた。
試合中にブルガリアのマスコット、ヴィーラが怒って踊り始めると、モスタファーは試合中にもかかわらず踊るヴィーラの真ん前に降り、腕の筋肉をモリモリさせたり、夢中で口髭を撫で付けたりし始めた。モスタファーはピッチの向こうからやってきた魔法医に向こう脛を蹴飛ばされるまで続けていた。
モスタファーがヴィーラを退場させようとすると、ブルガリアのビーター、ボルコフとブルチャノフの猛抗議に遭った。人差し指を何度も空中に突き上げ、飛行体制に戻るように言ったが、ボルコフとブルチャノフが拒否すると、モスタファーはアイルランドにペナルティー・スローを2つ与えた。
その後怒ったヴィーラの放った火の玉がモスタファーの箒の尾に火をつけてしまい、ブルガリアのシーカー、ビクトール・クラムがブラッジャーを顔に受け、鼻血を出していることに気付かなかった。

外見

痩せこけた小柄な魔法使い。つるつるに禿げているものの、大きな口髭を蓄えている(ハリー曰く、「バーノンおじさんといい勝負」)。1994年のクィディッチ・ワールドカップ決勝戦で審判を務めた際には、スタジアムにマッチした純金のローブを着ていた。

登場箇所

  • ハリー・ポッターと炎のゴブレット
    • 第8章 クィディッチ・ワールドカップ
  • ポッターモア(シーン「金色に輝く競技場」に、箒の尾に火がついた様子で描かれている)