ポリアコフ

eagle

1994年に三大魔法学校対抗試合が開催される際、ダームストラング代表の最終候補生としてホグワーツを訪れました。

基本データまとめ

名前

ポリアコフ(Poliakoff)

種・家系

人間・魔法族

性別

男性

出身校

ダームストラング専門学校

三大魔法学校対抗試合のダームストラング代表最終候補生

1994年10月30日、ポリアコフは三大魔法学校対抗試合のダームストラング代表の最終候補生としてホグワーツを訪れると、他のダームストラング生とともにスリザリン寮のテーブルで食事を摂りました。

「校長先生、僕、ヴァインがほしい」ダームストラングの生徒が一人、ものほしそうに言った。

「お前に言ったわけではない。ポリアコフ」カルカロフが噛みつくように言った。(中略)「おまえは、また食べ物をベタベタこぼして、ローブを汚したな。しょうのないやつだ――」

『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』第16章

風邪気味のビクトール・クラムを気づかったカルカロフ校長に対して、ポリアコフはワインがほしいと伝えたが一蹴されてしまいました。

ポリアコフは食べ方が汚くローブの胸を食べこぼしで一杯にしており、カルカロフにも鋭く指摘されています。

ハリー・ポッターを初めて見かけた際には、ポリアコフは隣にいた女子生徒を突っつき、おおっぴらにハリーの額を指差していました。

登場箇所

  • 『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』